そこはかとなく好奇心を刺激するクリエイターの秘密基地。

そこはかとなく好奇心を刺激するクリエイターの秘密基地。

厳しい仕事を支え、成長を応援してくれる「◯◯」とは?【第2回】若きPV製作者のモガキ~いまのお前は3点だ

厳しい仕事を支え、成長を応援してくれる「◯◯」とは?

厳しい仕事を支えてくれるのは、仲間と「やりたい」という気持ち

ーー 先程、松澤先生が「先生と生徒と言うよりも、先輩と後輩」という話がありましたが、現場に行くとUTBの先輩にも出会うことが多いのでしょうか?

  

高橋 学生の頃に行く現場では、先輩が学生を呼んだりすることも多くて。1年制なので同じ時に学校にはいないけれど、先輩後輩という意識は強いですね。就職してからも、あちこちで先輩に会いますよ。現場で先輩がいるとちょっと安心します。

  

松澤 同級生とも会う?

  

高橋 意外に会います。学生時代に課題で互いに監督とスタッフの関係になったりしていますし、一緒に厳しい現場で半泣きになっていた経験があったりするので、ただの友達と言うよりも戦友みたいな感じで、濃い関係になってますね。電話して仕事の愚痴を言ったりすることもありますし。それは支えになってます。

  
映像で食っていく君へ【第2回】若きPV製作者のモガキ~いまのお前は3点だ

松澤 入学してからでも、就職してからでも、辛いと思ったことはある?

  

高橋 学生の時なんですけど、PVの現場ばかり行っていて、あるときCMの現場に入ったんですよ。そうすると勝手が全然違って、本当に何もわからなくて。結局なにもできなかったことが、悔しくて悔しくて。

  

松澤 そういう辛いこともあったんだね。逆に楽しいことは?

  

高橋 PVの現場って目の前でアーティストのライブを見られるじゃないですか。すごいセットを組んでいるんだけど、観客はいない。まるでプライベートライブを見ているみたいですよね。他にも合成用にグリーンバックで撮影した映像が完成して、それを見ると自分で感動したりして。エンドロールに名前が出てると、「そう、これ私がやった!」ってうれしくなります。

  

ミーハーとオタクはどちらが向いている?

松澤 そういう話とか小栗旬の話を聞くとミーハーっぽいんだけどね。高橋さんはそれが濃い。

  

高橋 濃いと何が違うんですか?

  

松澤 ミーハーって表面だけをなぞっているというか、浅いんだよ。でも、濃いミーハーは深い。流行り物をなんでも見てますよという「広く浅く」タイプよりも、「時代劇しか見てません。でも徹底的に見てます」というほうが、この業界に向いていると思って。

  

高橋 それはオタクですよね。深く考えるから、それが厳しい状況になったり、一時「嫌だな」と思っても、その深さが続けるエネルギーになる。ミーハーでもいいと思うんですけど、浅いのじゃなくて深いのがいい。それが「やりたい」っていう気持に繋がると思うんです。

  

映像で食っていく君へ【第2回】若きPV製作者のモガキ~いまのお前は3点だ

松澤 最後の最後は気持ちだったりするしね。厳しい仕事を続けていくのに、気持ちがなかったら無理。

  

高橋 やりたい、やろうって思うことが大事で。「できない」と思ってしまったら、「どうしてできないのか」を考えて、決め付けない方がいいと思うんですよ。やりたいことがあったから、3件もアルバイトをかけもちできたし。

  

松澤 自分がやりたいことがあって、好きなものがあるなら、それを吸収していって欲しいね。それが自分の幅を広げることになって。そういったことは全部、将来の財産になっていく。

  

高橋 学生時代の友達も、それぞれ好きなことがあって、やりたいことがあるわけじゃないですか。それをお互いに知っているから、吸収することも多いし、友達から学べることもたくさんある。

  

映像で食っていく君へ【第2回】若きPV製作者のモガキ~いまのお前は3点だ

松澤 そうやって成長していく生徒を見るのも楽しいよ。

  

高橋 何年かして、先生に会ったときに「すげー、変わったな」って言われたいですね。もちろん、良い意味で。

  

松澤 期待してるよ。きっと変わらないところもあると思うけど、それも大事だからね。

  

あなたが選ばなかった選択ではどのような未来があったのでしょうか?

浮ついた夢をはっきりとした現実に近づけてくれる「◯◯」とは?

UTB映像アカデミーとは

今回Creator’s MAGAZINEがタイアップさせて頂きました、UTB映像アカデミーはインディーズ映画監督という肩書のフリーターを輩出する学校ではありません。きゃりーぱみゅぱみゅ、EXILE、E-girls、AKBなどのアーティストから、TV番組まで様々な制作現場、撮影現場に実際に参加します。年間600本を超える数多くの撮影現場で「実践スキル」を磨き、1年という短期間でプロの「実績」・「人脈」を作れます。だから、UTBは4年連続、就職100%しかも卒業後、プロとして活躍できる人材に育てる。徹底的に現場力を身につける学校です。10年後やりたいことを仕事にしたい大学生、フリーターの方、本当にやりたいことを仕事にできていない社会人の方、もしよろしければオープンキャンパスに参加をしてみませんか?
UTB映像アカデミー

無料資料請求はこちらから

無料資料請求はこちらから

公開日:
最終更新日:2015/02/17