そこはかとなく好奇心を刺激するクリエイターの秘密基地。

そこはかとなく好奇心を刺激するクリエイターの秘密基地。

CM制作現場で大切な事とは?【第1回】若きCMディレクターのモガキ~おまえらはコジキだ

CM制作現場で大切な事とは?【第1回】若きCMディレクターのモガキ~おまえらはコジキだ

ーー 映画で映像に興味を持って、いまはCM制作ということですが、なぜCM業界を選ばれたのでしょう?

  

岡崎 CMに興味を持ったのは、UTBにいた頃ですね。いろんな現場を知ることで表現することのむずかしさを思いしって。そもそもCMってまず商品があって、その商品に価値がある。映像そのものにも価値があるけれど、CMは商品の価値を高めるものでなければならない。授業でプロの話を聞いて、CMで結果を出すことの凄さを知ったんです。

  

松澤 そういえば、学生の頃のタレントさんをプロモーションする映像制作の話があったね。

  

映像で食っていく君へ【第1回】若きCMディレクターのモガキ~おまえらはコジキだ

岡崎 松澤さんにボロクソに言われたヤツですね(苦笑 そもそもタレントのプロモーション映像ってタレントの魅力を伝えるものじゃないですか。その時はそこを履きちがえてしまって、いわゆる「作品」を作ってしまった。あのとき、松澤さんマジギレしてましたよね。

  

松澤 いや、映像としては悪くなかったんだよ。でも目的が違うって話で。あそこで俺がOK出すと卒業してから仕事で同じことをやっちゃう。だから鬼になる(笑

  

岡崎 いまならわかるんですが。その厳しさが今の仕事に生きている感じはありますよ。

  

ーー 最初に「現場が怖かった」という話がありましたが、もう馴れましたか?

  

岡崎 まだ怖いですね。でも、忙しさで疲弊して怖さが麻痺していたり、コミュニケーションが取れるようになって怖さが緩和されたり。現場に知っている人が増えてきたので楽になってきたかもしれないんですが。

  

松澤 コミュニケーションは大事だね。

  

映像で食っていく君へ【第1回】若きCMディレクターのモガキ~おまえらはコジキだ

岡崎 基本的に「できない」を押し付けられるのが現場なんですよ。それを黙っていると結果を出せない。声を大きくして今何をしているのか、なにができてなにができないのかを周囲に伝え続けないと。

  

松澤 ちなみに辞めようと思ったことはない?

  

岡崎 ありますよ。就職して2~3年目の頃だったと思います。忙しくて忙しくて、しかも「この忙しさが自分の将来に繋がるのか?」っていう疑問が出て来てしまって。諦めようと思いましたね。それでも辞める決心も付かなくて。

  

松澤 で、いまでも続けているっていうのは?

  

岡崎 ディレクターになって、がらっと環境が変わったんです。それまではディレクターの指示で動いていたのが、自分が主体的に動きはじめると、全然違った。自分で現場、作品をコントロールできるようになったら、ぱぁっと晴れたんです。いまはCMディレクターとしてやっていきたいという気持ちが強いですね。最終的に映画の世界に入れればそれも良いと思いますけど、まずはCMディレクターとしてやっていくことだと思っています。

  

松澤 映画はもういいの、本当に?

  

映像で食っていく君へ【第1回】若きCMディレクターのモガキ~おまえらはコジキだ

岡崎 自己表現の映像を撮るのは、もう死ぬ前でいいかなって(笑 基本的にCMの仕事は、企画があって、構成があって、演出がある。まず企画が決まったところでそれに沿ったものを作っていく。じゃ、誰が撮っても同じというわけではなくて、自分が作ったことの意味、自分が関わった意味を見せないといけない。同じ企画だとしても撮る人によって違うモノができあがってくるわけで、そこに自分なりのエッジを効かせて、それが企画の目的を達成できる方向に働いていれば良いと思います。

  

松澤 すっかり職人気質だね。あんなにスカしてたのに(笑

  

岡崎 変わった実感はあまりないんですが。さんざん現場で叱られましたから。今思うのは、自分のためではなく人のために映像を作るってことの大事さですね。これからUTBに入ってくる人にもそれは伝えたい。

  

あなたが選ばなかった選択ではどのような未来があったのでしょうか?

utb_01_b

UTB映像アカデミーとは

今回Creator’s MAGAZINEがタイアップさせて頂きました、UTB映像アカデミーはインディーズ映画監督という肩書のフリーターを輩出する学校ではありません。きゃりーぱみゅぱみゅ、EXILE、E-girls、AKBなどのアーティストから、TV番組まで様々な制作現場、撮影現場に実際に参加します。年間600本を超える数多くの撮影現場で「実践スキル」を磨き、1年という短期間でプロの「実績」・「人脈」を作れます。だから、UTBは4年連続、就職100%しかも卒業後、プロとして活躍できる人材に育てる。徹底的に現場力を身につける学校です。10年後やりたいことを仕事にしたい大学生、フリーターの方、本当にやりたいことを仕事にできていない社会人の方、もしよろしければオープンキャンパスに参加をしてみませんか?
UTB映像アカデミー

無料資料請求はこちらから

無料資料請求はこちらから

[執筆]里田実彦 [撮影]喜久里周 [サポート]篠宮航太 谷口敦紀 津田泰平 [企画/編集/GIFアニメ制作]大野謙介

公開日:
最終更新日:2015/02/12