そこはかとなく好奇心を刺激するクリエイターの秘密基地。

そこはかとなく好奇心を刺激するクリエイターの秘密基地。

映像で食っていきたい君へ【第1回】若きCMディレクターのモガキ~おまえらはコジキだ

   

映像でくっていく君へ【第1回】若きCMディレクターのモガキ~おまえらはコジキだ
※本記事は、Creator’s MAGAZINE(GIFMAGAZINE)とUTB映像アカデミーのタイアップ記事になります。

ーー 岡﨑さんは、いまはCM制作に携わっておられるそうですが、そもそもUTBに入学したきっかけはどんなものだったのでしょう?

  

岡崎 大学時代から自主映画を撮っていたんですよ。松田優作の「探偵物語」なんかのパロディものなんかを。その流れで「映像で喰っていきたい」と思ったのが入学のきっかけですね。1年制というのも、現場での実習が中心というのも、はやくプロになりたいという気持ちにぴったりだった。そもそも高校生の時に「マグノリア(1999年アメリカ/ポール・トーマス・アンダーソン監督)」を観て、「これはなんだ!映画ってすごい!」って思ったのが映像に興味を持つようになった理由なんですけど。

  

映像で食っていく君へ【第1回】若きCMディレクターのモガキ~おまえらはコジキだ

松澤 岡﨑が入学願書を出しに来たとき、「あ、なんかスカしたヤツが来たな」って思ったんだよね。「俺、素人じゃないし」って感じが。

  

岡崎 それはあったかもしれない(苦笑 入学願書を出すときに、作文を提出しなければいけなくて、その作文を見た松澤さんに「お前、これ、本気で書いたの?」って言われたんですよ。

  

松澤 なんか通り一遍のことをさらっと書いてあったんだよね。浅いなーっ、流してるなーって。「コイツ、ブレーキをかけてるんじゃないか?」って思ったのは覚えてる。

  

岡崎 「え?そこ本気で書くところ?」って(笑 そういうノリなの?と思いましたけど。

  

松澤 そういうところも含めて、「俺やってました感」が。

 

映像で食っていく君へ【第1回】若きCMディレクターのモガキ~おまえらはコジキだ

 

岡崎 大学時代から撮っていたので、正直、自信はあったんです。素人とは違うぞって。周囲には「3年、映像業界でやって、駄目だったら辞める」って言ってました。強気の発言なんですけど、実は心の奥には不安もあって。本当にやっていけるのかなという気持ちがどこかにあったんでしょうね。今思えば、複雑でしたね。入学してからも、最初に行く現場が不安で。前の晩は眠れなかった。

  

松澤 実際に現場に出たらどうだった?

  

岡崎 最初は、それこそ雑用ばかりですよ、当たり前ですけど。俺の緊張と不安はなんだったんだ?って感じで。

  

松澤 じゃ、2回目からは緊張せずに?

  

岡崎 それが緊張しっぱなしです。だんだん、雑用以外のことを任されるようになっていくじゃないですか、覚えることが多くて。それよりも、入学式のことを良く覚えてますね。

  

松澤 入学式? なにかあった?

  

おまえ等はコジキだって、入学式で言われたこと

岡崎 いきなり「おまえ等はコジキだ。映像産業は社会にいらない産業なんだ」って。強烈でした。

  

映像で食っていく君へ【第1回】若きCMディレクターのモガキ~おまえらはコジキだ

松澤 まぁ、事実だし。農業や漁業と違って、なくても誰も困らないでしょ。

  

岡崎 正直、シビれましたね。映像業界って華やかな業界だけれどそれだけじゃない。まず「いらない」ってことを知った上でなにができるかを考えろって言われた気がして。初心を叩きこまれた感じでした。いまはCM制作会社にいますけれど、他の営業や事務の社員とはまるで勤務形態が違う。ぼくら映像を作る人間は、仕事で価値を見せなければいけない。そうでないと存在価値がないんだと思いますね。

  

松澤 そのころの現場で印象に残っている現場ってある?

  

岡崎 ある監督の自主制作映画の現場ですね。怒声罵声が飛び交って。怖かったのは事実なんですが、「そうか、プロはこうやって映画を撮るんだ」って肌で感じることができました。

  

映像で食っていく君へ【第1回】若きCMディレクターのモガキ~おまえらはコジキだ

松澤 現場を知るっていうのは大事だね。技術を身に付けることはいつでもできるんだけど、学生のうちに現場を知ることは絶対に必要。業界のきれいなところと技術だけ教えても、現場に出たら怒声と罵声に押し潰されてなにもできなくなっちゃう。あげくに業界を辞めてしまったり。

  

岡崎 確かに、UTBでは技術ではなくてメンタルを学んだ気がしますね。あと、一緒に現場に行っている同期の失敗を見て「そうか、ああやっちゃいけないんだ」って学んだり。授業でも先生方は皆、現場に近い話を教えてくれる。自分が映像業界に入ろうとしているんだって思えました。結構役に立ったのは「現場で評価されやすいポイント」とか。

  

映像で食っていく君へ【第1回】若きCMディレクターのモガキ~おまえらはコジキだ

松澤 先生もみんな普段は現場にる人間だからね。「こういうヤツがいるといい」「そういうことをやってくれると(監督は)うれしい」って自然に口に出て来るから。

  

岡崎 そういうのって、技術じゃないですし、普通は誰も教えてくれない。それがわからないまま現場で怒鳴られていたら、辛いですよ。

  

松澤 そもそも大学を卒業した段階で就職は考えなかったの?

  

岡崎 ちょうどリーマンショックの頃で。同級生達が就職活動で苦しんでいるのをもて「窮屈そうだな」って思ったんです。それで、逃げるわけじゃないんですけど、映像をやって自分を確立したかったんですね。もう自主映画はやらない、プロになろうと思った。だから、1年ですぐ現場に出られるUTBが魅力的だったんです。

  

華やかである一方、厳しくもある映像業界。岡﨑さんは卒業後、CM制作会社に就職します。そこで待っていた出来事とは?

ここからはあなたが選択したお話をいたしましょう。A,Bどちらかお選びください。

utb_01_a

utb_01_b

UTB映像アカデミーとは

今回Creator’s MAGAZINEがタイアップさせて頂きました、UTB映像アカデミーはインディーズ映画監督という肩書のフリーターを輩出する学校ではありません。きゃりーぱみゅぱみゅ、EXILE、E-girls、AKBなどのアーティストから、TV番組まで様々な制作現場、撮影現場に実際に参加します。年間600本を超える数多くの撮影現場で「実践スキル」を磨き、1年という短期間でプロの「実績」・「人脈」を作れます。だから、UTBは4年連続、就職100%しかも卒業後、プロとして活躍できる人材に育てる。徹底的に現場力を身につける学校です。10年後やりたいことを仕事にしたい大学生、フリーターの方、本当にやりたいことを仕事にできていない社会人の方、もしよろしければオープンキャンパスに参加をしてみませんか?
UTB映像アカデミー

無料資料請求はこちらから

無料資料請求はこちらから

[執筆]里田実彦 [撮影]喜久里周 [サポート]篠宮航太 谷口敦紀 津田泰平 [企画/編集/GIFアニメ制作]大野謙介

次のエピソードへ

 - UTB映像アカデミー, インタビュー, クリエイター, 映像で食っていく君へ , , , ,

crem fbpage header
(いいね!で最新記事を毎日受け取れるみたいですよ)

あなたの好奇心を刺激する
コラム、ビジュアルビュース、GIFマンガ、海外映像作品紹介記事を毎日配信

more