そこはかとなく好奇心を刺激するクリエイターの秘密基地。

そこはかとなく好奇心を刺激するクリエイターの秘密基地。

【第2回】テラダモケイから学ぶ 好きなことが仕事になる10のレッスン

      2015/05/09

テラダモケイから学ぶ 好きなことが仕事になる10のレッスン

こんなに売れている建築模型が今までにあったでしょうか…人々が集まるコーナーの先にはいつも、精巧なテラダモケイの世界が広がっています。紙の模型になっているのは人や家具、植物などのセットなのに、そこにはない建造物を感じる不思議。ついつい覗き込んでしまう、ミニチュアのかわいらしさと繊細さにのめり込んでしまう人も多いはず。そんな模型を愛して止まない第一人者である、テラダモケイの生みの親・寺田尚樹さんにお話を伺いました。好きなことが仕事になるためのヒントを全3回の連載でお送りします。
(執筆:CREM編集部 丸山亜由美)

クリエイター :寺田尚樹(建築家・デザイナー)

テラダモケイさんのアイコン
67年 生まれ
89年 明治大学建築学科卒業
94年 英国建築家協会建築学校(AAスクール)ディプロマコース修了
03年 テラダデザイン一級建築士事務所 設立
11年 テラダモケイ 設立
現在 (株)インターオフィス 取締役
テラダモケイ:http://www.teradamokei.jp/

【第2回】テラダモケイから学ぶ 好きなことが仕事になる10のレッスン

4:独立ができる時とは?
5:「1/100建築模型用添景セット」
6:好きなことを自分の仕事に生かすには?
7:「15.0%」

4:独立ができる時とは?

02teradamokei_04

将来は自分の事務所を構えたい…クリエーターにとって1つの大きな目標である「独立」。大学に入学した時から、いつ独立しようかをずっと考えてきたという寺田さんに、その哲学を伺ってみました。

 −−2003年にテラダデザイン一級建築士事務所を設立されますが、どんなことを身に付ければ独立できるのでしょうか?

「例えば一級建築士の資格を取ったら独立できるとか、誰かの師匠に付いて住宅をまるごと一軒担当できたら独立できるとか、そんなことではなくて。自分が素人であるという前提で、分からないことをちゃんと人に聞くという覚悟ができた時に独立するべきだと。そうなれば、目上の人以外も含めて、自分よりもある意味勉強していない人の話も聞けるようになります。」

 −−技術を身に付けた結果、自分自身で何かができるようになったから独立する、ということではないのですね。

「学ばなければいけないことは、無限にある。色々なことを全然知らなかったんだなということが分かって、これからもっと色々と学びたいなと。ある意味でプライドを捨てて、素直な気持ちになれた時、それが独立ができる時なんだと思います。」

 −−なぜ既存の組織に属するより、自分で事業を興す方がたくさんのことを学べるのでしょうか?

「自分で責任を取る立場にならないと、学べることも学べない。自分で責任を取ってまとめようとすると、勉強しなくてはいけない立場に追い込まれるんですね。独立というのは、それをやってみたいかどうかなのではないでしょうか。」

 −−学べるということ以外にも、責任を取るか取らないかは大きな違いですね。

「独立すると、誰も助けてくれないし、誰の庇護のもとにもないし、誰かが肩代わりしてくれるわけではない。最終的に自分が責任を取らなくてはいけないという覚悟は必要なんじゃないかと。」

人から学び続けたいという素直さと覚悟が独立の第一歩。自分で何かができるようになったという独りよがりではなく、まだまだ知らないことばかりだという謙虚な心が、更なる学びへと繋がるのです。

5:「1/100建築模型用添景セット」

02teradamokei_05

もともとモノを作ることが大好きだったことから、進んだ学科は建築学科。建築家という肩書きで色々なことをやりたい…そんな思いから生まれたテラダモケイの看板商品である「1/100建築模型用添景セット」は50作品を超えるロングセラーとなっています。

 −−このようなシリーズを展開するようになったターニングポイントは?

「初めは実務的に使えるパーツを売っていたんです。No.4は動物園なんですが、実験的にゾウ・シカ・サンショウウオなどを作ってみた。それが結構売れたんですよ。そこで、建築の模型用に買っていないんだなということが分かった。建築をやっていない人が買っていることが分かって、意識として変わったんです。」

 −−毎回のテーマはどう決めていらっしゃるのでしょうか?

「テーマは意識せずにランダムにやっています。そうした方が、こういうの来ましたか!とみんな驚く。その方がいいかなと思って。こういうのがあったらいいなとか、こういうのは絶対に売れないだろうなというものも出しますよ。」

 −−売れないだろうと思って出した作品が何なのか、気になります。

「これは絶対に売れないだろうなと思って作ったのは工事現場編と忠臣蔵三部作。でも、忠臣蔵は結構売れましたけどね。」

 −−制作する時に特にこだわっていらっしゃることは、どんなことでしょうか?

「1/100にする時に形をどうデォルメするか、あとはこれがグラフィックとして成立するということ。お客さんにとっては作ったものが完成品だけれど、我々にとっては製品の状態が完成品ですから。」

 −−1/100にした模型をどのようにレイアウトするか、そこにも時間を掛けるのですね。

「最終的には組み立ててもらいたいんだけど、組み立てない人が半分くらいいるんです。いつ組み立てようかな、と思いながら飾っておく人のために、まずグラフィックデザインとして完成度の高いものにしておかないと、という意識はあります。」

 −−レイアウトのどのようなところに気を配っていらっしゃいますか?

「人が逆さまになっていたら変じゃないですか、そういうところから始まって。関係性のあるものは近くに置かないと、作っている人が分からなくなっちゃう。あとは、ぱっと見た時、密度感がばらつかないように気をつけています。」

飾っても作っても楽しめる模型は、スラムダンクや宇宙遊泳編など、毎回意表を突くテーマ展開。次回以降の作品が楽しみですね!

6:好きなことを自分の仕事に生かすには?

02teradamokei_06

小さい頃から折り紙や工作が得意で、小学生から今に至るまでプラモデルを作り続けているという寺田さん。「1/100建築模型用添景セット」の着想は大好きなプラモデルから来ているようです。

 −−プラモデルの1番の魅力はどんなところにありますか?

「プラモデルメーカーとしては、箱に入っているあの状態が完成品なんですよね。でも我々は、買った人は、組み立てて完成する。完成が2度あるプロダクトなんです。そういうのが面白い。」

 −−テラダモケイの添景セットも、販売する側と組み立てる側で完成が2回ありますね。

「プラモデルは作る人によって全然完成形が違う。あと、プラモデルは立体の塗り絵だと思っているんです。」

 −−立体の塗り絵ですか?

「組み立てるっていうのもあるんだけれど、プラモデルは色を塗るのが重要な作業で。色を塗る時に、立体の塗り絵だと思って光の当たる方向を考えたりするとすごく面白いんです。」

 −−添景セットにも、様々なカラーがありますね。

「白黒ともう1色、同じ番号でも3色あるんです。もう1色についてはその時のインスピレーションで決めています。」

実際に作ってみた写真を投稿して、寺田さんがコメントをするというファンページもあります。“2回目の完成” が人それぞれ違って、面白いですよ!

【関連リンク】
テラダモケイ投稿写真
http://www.teradamokei.jp/photo/

7:「15.0%」

02teradamokei_07

建築以外にも家具や空間、プロダクトデザインなど幅広く手がける寺田さんですが、中にはアイスクリーム専用のスプーンを扱う「15.0%」(アイスクリームは乳固形分が15.0%以上という日本の成分規格に由来)というユニークなブランドも。

 −−どうすればこのようなプロダクトのアイデアを思い描けるのでしょうか?

「“100%プレゼント需要” このキーワードは自分の作るもの全体にあると思う。ベタに言うとプレゼントグッズ。自分じゃ買わないけれど、もらって嬉しいものという意味合いです。」

 −−確かに、このスプーンはプレゼントに頂けたらとても嬉しいです。

「この値段じゃ自分じゃ買わないけれど、もらったら嬉しい物ってありません?1斤2000円のフランスパンとか。自分にご褒美っていうモノの買い方もあると思うんです。」

 −−プレゼントグッズを選ぶのって、難しいですよね。

「この人センスあるなとか、寺田さんらしいなとか思われたいじゃないですか。そういう風に思われるような、自分のキャラクターの合うもの…いい意味で癖のあるものがプレゼントグッズとしては最適。これを最初に見つけたのは私!といえるようなクセのあるものをいつも考えています。」

この夏、新作も発売されるという「15.0%」。季節にぴったりなプレゼントを自分にも、大切な人にもどうぞ!

15.0%:http://www.15percent.jp/

(執筆:CREM編集部 丸山亜由美)

クリエイター :寺田尚樹(建築家・デザイナー)

67年 生まれ
89年 明治大学建築学科卒業
94年 英国建築家協会建築学校(AAスクール)ディプロマコース修了
03年 テラダデザイン一級建築士事務所 設立
11年 テラダモケイ 設立
現在 (株)インターオフィス 取締役
テラダモケイさんのアイコン

【第1回】テラダモケイから学ぶ 好きなことが仕事になる10のレッスン

 - インタビュー, クリエイター, テラダモケイから学ぶ 好きなことが仕事になる10のレッスン, 寺田尚樹, 金曜日のクリエイター , , , , , , ,

crem fbpage header
(いいね!で最新記事を毎日受け取れるみたいですよ)

あなたの好奇心を刺激する
コラム、ビジュアルビュース、GIFマンガ、海外映像作品紹介記事を毎日配信

more