そこはかとなく好奇心を刺激するクリエイターの秘密基地。

そこはかとなく好奇心を刺激するクリエイターの秘密基地。

荒野の決闘。ポイズンベリーの物語詩。『The Ballad of Poisonberry Pete』

   

荒野の決闘。ポイズンベリーの物語詩。『The Ballad of Poisonberry Pete』
※本連載ではご紹介する海外クリエイター様に許可を頂いて執筆をいたしております。

連載:海外映像作品の旅

本連載では、海外クリエイターの映像作品を中心にご紹介します。面白い作品から、不思議な作品、感動する作品をピックアップしGIFアニメーションを用いてご紹介します。クリエイターの創作哲学や作られた背景に触れる旅をご一緒しましょう。


 アメリカ西部。白昼の荒野。吹き上がる砂埃に乗って転がるのは、ダンブル・ウィードの枯れ草ではなく、なんと銀のパイ皿。今回紹介するのは、パイたちによる西部劇『ポイズンベリーのバラッド』です。
 とある町の酒場。ピザパイ、レモンパイ、アップルパイ。クリームパイにチェリーパイ。様々なパイたちがピアノの軽快なメロディーに身を委ね、酒盛りや賭け事に興じている。しかし、そこに突如としてやってきたのは、町のお尋ね者「ポイズンベリー・ピート」。挨拶代わりの銃声で、酒場は恐怖に凍り付く。


 強盗ピートの前に立ちはだかるパイがいた。知らせを聞きつけやってきた町のヒーロー保安官だ。胸に輝くは正義の勲章。笑みを浮かべる余裕の表情は、まさに百戦錬磨の顔つきだ。
 向かい合い、腰元の拳銃に手をかける二人。早撃ちに負けること、それは即ち死を意味する。手に汗握る決闘は西部劇の醍醐味だ。緊張の一瞬、銃口を構えようとしたそのとき、二人の間に割って入るは、ヒロインのブルーベリーパイ。自分の身体を盾に無駄な殺し合いはやめてくれと懇願する少女だが、冷徹にも保安官は彼女をめがけて無慈悲の弾丸を撃ち込む。


 保安官とお尋ね者とヒロイン。拳銃と決闘。西部劇のエッセンスがたっぷりと詰まった作品となっています。パイたちの豊かな表情にも注目してみて下さい。

『The Ballad of Poisonberry Pete』 from Uri Lotan

The Ballad of Poisonberry Pete from Uri Lotan on Vimeo.

【出典】https://vimeo.com/122396167
【Uri Lotan氏ホームページ】http://urilotan.com
執筆:CREM編集部(山岸泰佑)

 - クリエイター, 海外動画紹介 , , , , ,

crem fbpage header
(いいね!で最新記事を毎日受け取れるみたいですよ)

あなたの好奇心を刺激する
コラム、ビジュアルビュース、GIFマンガ、海外映像作品紹介記事を毎日配信

more