そこはかとなく好奇心を刺激するクリエイターの秘密基地。

そこはかとなく好奇心を刺激するクリエイターの秘密基地。

【第2回】10年で2万個彫った対面はんこアーティスト・norioさんに聞いてみた  毎日ってどんな工夫で、もうちょっと幸せになりますか?

      2015/06/12

norio-head

誰もが1つは持っているであろう、名字や名前が彫られた「はんこ」。朱肉に達筆な書体もいいですが、もしも文字という情報以外であなたを表すとしたら、一体どんなはんこになるでしょう?はんこアーティストであるnorioさんは、オーダーメイドはんこの職人さん。40分という短い時間で、お客さんのイメージに合わせて図案を書き、名刺サイズのはんこを対面で彫り上げます。仕事、趣味、家族…さまざまなオーダーを彫り続けて、その数はなんと2万個に達するのではないか?とのこと。今回、はんこアーティストを始めて10年の節目を迎えるにあたって、これまでの道のりをお話頂きました。その中で感じたのは、norioさんご自身がとても幸せそうで、こちらまで幸せな気持ちになれること。どうすれば自分も相手も幸せに包まれるのか…長年に渡って対面にこだわってきたnorioさんだから見えてきた、幸せのひと工夫をお裾分けします。

(執筆:CREM編集部 丸山亜由美)

クリエイター :norioはんこ

 
norio2

1981年生まれ。京都精華大学にて日本画を学ぶ。2005年より雑貨店やカフェなどをベースに“その場でオーダーを受けはんこを制作する”というスタイルで活動を始める。

はんこのnorio:http://www.noriohanko.com/

【第2回】10年で2万個彫った対面はんこアーティスト・norioさんに聞いてみた 
毎日ってどんな工夫で、もうちょっと幸せになりますか?

4.自分の作る空気で、相手もその場も変わりますよ

 

norio6

−−対面ではんこを彫るとき、大切にしていることは何ですか?

norioさん(以下、敬称略)「今日はどんなはんこにしましょうかー?と始まって、作りたいイメージがすごい溢れ出てくる人と、そうでない人がいるんです。すぐに分からない人には、こっちがくだけた感じだと良くて、固い空気を作らないようにしています。そうでない人は困るかと思いきや、ものすごく頑張りたくなる。溢れる人には、もうちょっと絞りましょうかー?と整理していきます。」

−−自分の雰囲気ひとつで、相手が話しやすいような場を作ることができるんですね。

norioお客さんの雰囲気を感じることが大切なんだなと。それが分かってきたのは、はんこを彫り始めてから3、4年目くらい。第一印象、だいたい会って5秒くらいの勝負です。」

−−直感で相手の人となりを感じ取って、それに自分の空気感を合わせてゆく。それに気が付く以前は

norio「それまではたくさん下書きを書いていました。相手が作りたいはんこの案を、自分から出さなくてはいけないと思っていたから。でも、最初にすごく集中して話を聞くようになってから、それが下書きに凝縮されるようになりました。図案が1枚になるようになっていったんです。」

−−どれだけ相手の心の中を引き出せたかどうかが大切で、図案の数ではないと。

norio「あとは、この人が来るという情報もあまり知らない方がいい。リピーターの人が来てくれるのは嬉しいけれど、来てくれるのを知らない方がちゃんと聞ける。いつも初対面な気持ちで、その人に会った時の自分のインスピレーションを大切にしています。」

5.新しいチャレンジに、はんこが背中も押してくれますよ

norio9

−−対面ではんこを作ることに、こだわっていらっしゃる理由は?

norio「やっぱり顔を見て話を聞いて作るものと、文章と写真のみでネットから注文をもらうのでは温度も違うし、その人の心に残るものも違う。会って作ったものには、ストーリーや、自分も一緒に作ったという達成感みたいなものがあって。はんこそのものよりも、そっちの方が大事なのかもしれないですね。」

−−どんなお客さんが多いですか?

norio自分で何かをやりたい!と思う人が来てくれることが多いです。ちょっと自分で何かしてみたい、と思う気持ちを実現できるので。私もそんなお客さんの気持ちに助けられています。」

−−いつも誰かの新しいチャレンジに寄り添う、そんなnorioさんに応援してもらえたら、頑張ろうって勇気が沸きます。

norio「何かを進めたい、やりたい!というときの転機にはんこを作る。そんな大事なものを一緒に作れるのがいいなって思っています。昔からはんこって、家や土地の証明や銀行口座を開くとか、何かの目的にあるもので。元々そういう重要な役割をはんこが持っているんだと。」

−−それをnorioさんが現代風にアレンジしている感じですね? 

norio「うまくまとまったわー!(笑)」

6.不器用なことも、続けていれば個性になりますよ

norio7

−−どうすればオリジナリティは生まれるのでしょうか?作品のアルバムを見ると、どれもnorioさんっぽい温かさが伝わってきます。

norio「そーなんですよ…でも自分ではものすごい嫌なんですよ。学生の時とか、すごく器用な人とそうでない人がいて。私はそうでない人なんですけど、器用な人は全然違うような作風を毎回出せる。」

−−それは意外!ご自身のどういうところを不器用だと感じるのでしょう?

norio「これとこれは全然違う気持ちで作ったのに、‘やっぱりこれはnorioの作品だよね’と。私はそういうところが上手くなくて、鈍くささが出てしまう。もっとカッコ良く作れればいいのに。でも、器用じゃないところがある人は、オリジナリティが出やすいかも。」

−−七変化しないということが、逆にnorioさんらしさに。でも、同じようなはんこが並んでいるわけでもありません。

norio「私の場合はお客さんが変わるから、違うのものが出てきているのかもしれないです。お客さんは同い年くらいの人が多くて、はんこを始めた10年前から知り合いの人も、10年歳を重ねているわけです。彼氏ができて、結婚して、子供ができて…最近は家族のはんこを彫ることが多いですよ。」

−−norioさんと共にお客さんも歳を重ねる。そのライフステージによって、作られる作品が少しずつ変わってゆくのですね。

7.家族から受け継いだ気質を生かすといいですよ

norio8

−−アルバムには数え切れないくらい、沢山の図案。デザインのインスピレーションはどこから

norio「あんまり本を読まなくて、いや読めなくて(笑)。旅行とかは結構行っていて、現地の布とかをよく見たりします。あと、電車の向かいの人が着ている服の柄を必死に覚えたり。おじさんのネクタイとか、持ち物の柄が多いかもしれません。そのカタチを写真のように焼き付けて覚えてゆく。」

−−布や服、小物など、頭の中に焼き付いたをパターンを再現していらっしゃるんですね。

norio「なんとなく調子がいい時には、この人はこんな絵が欲しいんだろうなという直感がはたらいて。自分の覚えたものが、自然と出てくる時があるんです。逆に絶不調の時は、お客さんの話からエネルギーをもらっています。助けられていることの方が多いですね。」

−−そうやってはんこを続けられる原動力はどこから来るのでしょう?

norio家族かな?私、わりと1つのことに集中して取り組めるんです。父が一心不乱に仕事をし続けていたのを見てきたし、おばあちゃんは習字の先生。単調な作業の時もあるけれど、そういうのが向いているし、イケる。ワークショップでは、対面で1人につき40分彫って、1日にそれを12人…お客さんのほうが逆に心配してくれたりします。」

−−何かに集中してやり続ける気質はご家族ゆずりなんですね。

norio「海外旅行に行っても毎日彫っていた、なんてこともあったり。どこでも出来る仕事だからありがたいです。これからの時代、どこでもできるというのは、とてもいいことだと思う。」

だんだんと幸せな生活を作るパワーが溜まってきましたか?次回は最終回。《norioさん流・自分を追いつめないで好きなことを続ける心得》をお届けします。

(執筆:CREM編集部 丸山亜由美)

クリエイター :norioはんこ

 
norio2

1981年生まれ。京都精華大学にて日本画を学ぶ。2005年より雑貨店やカフェなどをベースに“その場でオーダーを受けはんこを制作する”というスタイルで活動を始める。

はんこのnorio:http://www.noriohanko.com/

norio-food

 - 10年で2万個彫った対面はんこアーティスト・norioさんに聞いてみた  毎日ってどんな工夫で、もうちょっと幸せになりますか?  , norioはんこ, インタビュー, クリエイター , , , ,

crem fbpage header
(いいね!で最新記事を毎日受け取れるみたいですよ)

あなたの好奇心を刺激する
コラム、ビジュアルビュース、GIFマンガ、海外映像作品紹介記事を毎日配信

more