そこはかとなく好奇心を刺激するクリエイターの秘密基地。

そこはかとなく好奇心を刺激するクリエイターの秘密基地。

南アフリカにペンギン?豊かな自然と動物たちの楽園

   

970ペンギン

※本連載ではご紹介する海外クリエイター様に許可を頂いて執筆をいたしております。

連載:海外映像作品の旅

本連載では、海外クリエイターの映像作品を中心にご紹介します。面白い作品から、不思議な作品、感動する作品をピックアップしGIFアニメーションを用いてご紹介します。クリエイターの創作哲学や作られた背景に触れる旅をご一緒しましょう。

posted by crem to GIFMAGAZINE

 南アフリカ共和国の魅力といえば、なんといっても大自然。手付かずの自然が多く残る広大な地には、多種多様な野生動物が生活しています。例えば、動画の冒頭に登場するペンギン。彼らの名は「ケープペンギン」で、その名の通り南アフリカ最南端の都市・ケープタウンに主に生息しています。海水浴を楽しむことができる人気の観光スポット・ボルダーズビーチでは、その生態を間近で眺めることができます。
 ペンギンといえば寒い南極の氷の上に生息しているイメージが強いですが、実際彼らはアフリカ大陸に生息する唯一の種なのです。また彼らは非常に人間慣れしており、人間の居住地である街中の道路脇や下水道にも巣を作ることがあるようです。

posted by crem to GIFMAGAZINE

 草木や河川、大地や連なる山々に恵まれた豊かな自然、そして数多くの動物達の生命の輪を、その地は何万年も前から守り続けてきました。
 しかし今、その貴重な生態系が人間の手によって破壊されつつあります。前述したケープペンギンは相次ぐ船舶事故で何万羽も重油まみれになり数が激減、今では絶滅危惧種に指定されました。他にも角の密猟が盛んに行われているクロサイや、サメ、ライオンなども絶滅危惧種とされています。

posted by crem to GIFMAGAZINE

 南アフリカは2010年のW杯以来、飛躍的に観光地化が進みました。観光客が多く訪れるようになると、それだけ環境悪化のリスクも高まります。
 南アフリカの自然やそこに生きる動物達は、本来の美しい”地球”の姿を残す人類の共通財産です。100年後も1000年後もその姿が在り続けられるよう、一人一人が配慮と思いやりを持って、自然と人間が共存できる未来を祈ります。

『South Africa – A world in one country』by Jeroen schrage

South Africa – A world in one country from Jeroen schrage on Vimeo.

【出典】
https://vimeo.com/195125414
【Jeroen schrage氏ホームページ】
http://www.jeroenschrage.com/
http://short-story.tv/
【Facebook】https://www.facebook.com/jeroenschragevideography/
【Instagram】https://www.instagram.com/jeroenschrage/
【YouTube】https://www.youtube.com/watch?v=cQIbybQkKec&feature=youtu.be

執筆:CREM編集部(川神陽奈)

 - クリエイター , , , , , , , , , , , , ,

crem fbpage header
(いいね!で最新記事を毎日受け取れるみたいですよ)

あなたの好奇心を刺激する
コラム、ビジュアルビュース、GIFマンガ、海外映像作品紹介記事を毎日配信

more