そこはかとなく好奇心を刺激するクリエイターの秘密基地。

そこはかとなく好奇心を刺激するクリエイターの秘密基地。

2003年北アメリカで起きた大停電の反省と教訓。

      2016/03/24

movie_745※本連載ではご紹介する海外クリエイター様に許可を頂いて執筆をいたしております。

連載:海外映像作品の旅

本連載では、海外クリエイターの映像作品を中心にご紹介します。面白い作品から、不思議な作品、感動する作品をピックアップしGIFアニメーションを用いてご紹介します。クリエイターの創作哲学や作られた背景に触れる旅をご一緒しましょう。


uploaded by crem on GIFMAGAZINE
 2003年北アメリカで起きた大停電。その被害は甚大で、アメリカ合衆国4000万人、カナダ1000万人の計5000万人がこの停電による被害を受け、この間の金融赤字は60億ドル(約7000億円)と見積もられました。ほとんどの交通機関が麻痺した結果、ニューヨーク、クリーブランド、デトロイト、トロント、オタワなどの大都市で交通麻痺が起こり、人の渋滞も発生してしまいました。さらに、当時は翌日の日中は気温が30℃以上と真夏日であったのですが停電のためエアコンや扇風機が使用できなかったのです。死者の報告もありました。


uploaded by crem on GIFMAGAZINE
 今回ご紹介するのはSharron Mirsky氏の『Blackout』。当時の停電が影響したエリアについてのドキュメンタリー作品です。悲惨な状況に陥った都市部での一部始終とそこから学んだ教訓をナレータションは語ります。


uploaded by crem on GIFMAGAZINE
 原因は一体何だったのか、未だに様々な説が唱えられています。中でも一番有力なのは送電管理システムのダウンにより連鎖反応を起こしたためというものです。
 各国の年間電力使用量ランキングを見てみると、日本はアメリカの2位に次いで3位。つまりこのような事件は人事ではないのです。氏も言うように、各国がお互いの問題を反省し、共有することでトラブルを未然に防ぐ。これがこれからの国際社会では欠かせないですね。

『Blackout』by Sharron Mirsky

【出典】https://vimeo.com/54821094
【Sharron Mirsky氏ホームページ】http://www.sharronmirsky.com
執筆:CREM編集部(矢島智広)

 - クリエイター, 海外動画紹介 , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

crem fbpage header
(いいね!で最新記事を毎日受け取れるみたいですよ)

あなたの好奇心を刺激する
コラム、ビジュアルビュース、GIFマンガ、海外映像作品紹介記事を毎日配信

more