そこはかとなく好奇心を刺激するクリエイターの秘密基地。

そこはかとなく好奇心を刺激するクリエイターの秘密基地。

宇宙飛行氏を診察する”宇宙病院”『3/4 oz : Trois quarts d’once』

   

movie_463※本連載ではご紹介する海外クリエイター様に許可を頂いて執筆をいたしております。

連載:海外映像作品の旅

本連載では、海外クリエイターの映像作品を中心にご紹介します。面白い作品から、不思議な作品、感動する作品をピックアップしGIFアニメーションを用いてご紹介します。クリエイターの創作哲学や作られた背景に触れる旅をご一緒しましょう。


uploaded by crem on GIFMAGAZINE
 壁いっぱいを埋め尽くすモニター。無軌道に動く無数のスイッチ。そして宇宙センターにかかった電話を手に取ったのは白衣の男性。そう、ここは宇宙飛行士専用の宇宙病院なのです。今日もまた自分の身体に違和感を覚える患者が、医師に診断を受けに来ました。


uploaded by crem on GIFMAGAZINE
 今回ご紹介するのはPierre GRILLÈRE氏とRomain Peyronnet氏の共同作品『3/4 oz : Trois quarts d’once』。彼らの体の関節をよく見てみると、機械的な可動域の造形をなしています。彼らは人間ではなく、高性能なアンドロイド。手術の方法もおなかのネジを緩めてふたを開けるのです。その光景はまるで車の整備のよう。医者は腹部に入っていた部品を新しいものに交換します。


uploaded by crem on GIFMAGAZINE
 物語の終盤、医者の小さなミスにより飛行士アンドロイドは故障してしまいます。目は白目をむき、体のパーツがバラバラになってしまうのです。
 今日の宇宙開発のシーンでは細かな作業を得意とするロボットの活躍が必要不可欠となっています。しかしロボットを設計するのは人間です。つまりロボットでも時には計算通りの動きをしない可能性があるということでしょう。この作品はロボットの機能性への期待と、その力に頼りすぎることが危険であるという危惧を暗示しているのではないでしょうか。

『3/4 oz : Trois quarts d’once』from Pierre GRILLÈRE

【出典】https://vimeo.com/138130930
【Pierre GRILLÈRE氏linkedin】https://www.linkedin.com/pub/pierre-grillère/a1/976/1aa?trk=pub-pbmap
【Romain Peyronnet氏ホームページ】http://romainpeyronnet.tumblr.com
執筆:CREM編集部(矢島智広)

 - クリエイター, 海外動画紹介 , , , , , , , , , ,

crem fbpage header
(いいね!で最新記事を毎日受け取れるみたいですよ)

あなたの好奇心を刺激する
コラム、ビジュアルビュース、GIFマンガ、海外映像作品紹介記事を毎日配信

more