そこはかとなく好奇心を刺激するクリエイターの秘密基地。

そこはかとなく好奇心を刺激するクリエイターの秘密基地。

「もう一人の自分」との葛藤を創作ダンスで表現。『S H A D O W / S E L F』

      2015/09/18

movie_437※本連載ではご紹介する海外クリエイター様に許可を頂いて執筆をいたしております。

連載:海外映像作品の旅

本連載では、海外クリエイターの映像作品を中心にご紹介します。面白い作品から、不思議な作品、感動する作品をピックアップしGIFアニメーションを用いてご紹介します。クリエイターの創作哲学や作られた背景に触れる旅をご一緒しましょう。


uploaded by crem on GIFMAGAZINE
 薄暗い部屋。女は物憂げな表情で、窓の外を見つめている。重たく垂れる曇天と悲しい雨音が、足元から迫り、全身を這い回っていく。憂鬱な気持ちが身体を支配し始めたとき、彼女の背後、カーテンの隙間から、「もう一人の自分」が顔を覗かせるのだ。


uploaded by crem on GIFMAGAZINE
 女は、もう一人の自分と情熱的に踊る。絡み合うように、しかし、突き放すように。必死で苦渋の表情からも、それはまるで、自分自身との激しい葛藤を繰り返しているようなのだ。ダークサイドに引き摺り込もうとする「闇の自分」。彼女は、もう一人の自分との激しい駆け引きを踊る。


uploaded by crem on GIFMAGAZINE
 今回紹介するのは、Laura Scrivano氏の『S H A D O W / S E L F』。「こころの闇」の一面を、創作ダンスと音楽で表現した非常に興味深い作品である。嫉妬、恐怖、不安、憂鬱、失望、孤独……。誰のこころにも存在するネガティブな自分。そいつは、常に自分の背後について回り、隙あらば一瞬にして、自分を支配しようとしてくる。氏はこころの隙間から現れる闇の自分との葛藤を、二人のダンスによって描き出したのである。
 誰もが心に闇を抱えて、日々を生きている。人間なのだから、ネガティブな感情を完全に消し去ることは不可能だ。「もう一人の自分」が現れる度に、そいつに打ち勝っていく他には方法はないのかもしれない。ぜひ、ご覧いただきたい。

『S H A D O W / S E L F』by Laura Scrivano

【出典】https://vimeo.com/134624629
【Laura Scrivano氏ホームページ】http://www.laurascrivano.com
執筆:CREM編集部(山岸泰佑)

 - クリエイター, 海外動画紹介 , , , , , , , , , , , , , , ,

crem fbpage header
(いいね!で最新記事を毎日受け取れるみたいですよ)

あなたの好奇心を刺激する
コラム、ビジュアルビュース、GIFマンガ、海外映像作品紹介記事を毎日配信

more