そこはかとなく好奇心を刺激するクリエイターの秘密基地。

そこはかとなく好奇心を刺激するクリエイターの秘密基地。

言葉を選んで、気持ちを理解するということ。『The Power of Empathy』

   

言葉を選んで、気持ちを理解するということ。※本連載ではご紹介する海外クリエイター様に許可を頂いて執筆をいたしております。

連載:海外映像作品の旅

本連載では、海外クリエイターの映像作品を中心にご紹介します。面白い作品から、不思議な作品、感動する作品をピックアップしGIFアニメーションを用いてご紹介します。クリエイターの創作哲学や作られた背景に触れる旅をご一緒しましょう。


uploaded by crem on GIFMAGAZINE
 近頃ニュースによく流れる「–歳の–生徒が自殺」という文字。これを見るたび、私はまたか、と悲しい気持になる。(多くの場合、)原因はどう考えてもいじめなのであろうが、大人の事情で、その因果関係を認めようとしない陳腐な争いを見ていると、亡くなった子供が不憫でならない。とりわけこういった問題の後には「どうして未然に防ぐことができなかったのだろう」という命題が問われる。それはもしかしたら、「Empathy」と「Sympathy」の違いを、我々が理解できていないからなのかもしれない。
 今回ご紹介する作品はGobblynne氏の手がける『The Power of Empathy』。英国王立芸術協会(RSA)という社会問題に対応する組織が行ったイベントで放送された、アニメーション作品である。


uploaded by crem on GIFMAGAZINE
 今回の作品のテーマは「Empathy」と「Sympathy」の違いについて。日本語の意味としてはともに「共感」であるが、その両語の間にはどんな違いがあるのだろうか。
 RSAによれば「Empathy」は繋がりを感じることで、「Sympathy」は繋がりが薄れていくことだそうだ。「Empathy」の感情をもつクマが、落ち込むキツネに対し「君の気持ちがわかるよ」と、感情移入するのに対し、「Sympathy」の感情しかもたないシカは「ふ〜 それは大変そうだ」と同情をするばかり。これではただの冷やかしである。
 相手の気持ちを理解するには、言葉を選んで、丁寧に接する努力が必要なのだ。


uploaded by crem on GIFMAGAZINE
 悩みの感情には、必ず落とし穴が存在する。それは他の人が思うほど浅い物ではない。その穴に落ちてしまった友達に、あなたは正しく手を差し伸べることが出来ているだろうか。シカのような冷やかしでは、決して救うことは出来ないだろう。この”問題”の、これ以上の被害を食い止められるのは、私たちの些細な対応かもしれない。

『The Power of Empathy』by Gobblynne

【出典】https://vimeo.com/81492863
【Gobblynne氏 ホームページ】http://www.gobblynne.com
【Facebook】https://www.facebook.com/GobblynneAnimation
【Twitter】https://twitter.com/Gobblynne
【Youtube】https://www.youtube.com/user/GobblynneAnimation
【Gobblynne氏 Shop】http://society6.com/gobblynne/prints
【RSA 公式ホームページ】https://www.thersa.org
執筆:CREM編集部(髙橋深)

 - クリエイター, 海外動画紹介 , , , , , , , , , , , , , ,

crem fbpage header
(いいね!で最新記事を毎日受け取れるみたいですよ)

あなたの好奇心を刺激する
コラム、ビジュアルビュース、GIFマンガ、海外映像作品紹介記事を毎日配信

more