そこはかとなく好奇心を刺激するクリエイターの秘密基地。

そこはかとなく好奇心を刺激するクリエイターの秘密基地。

【第2回】「同じことをやっても意味が無い。」水江未来の生い立ちとは?インタビュー特集

   

【第2回】「同じことをやっても意味が無い。」水江未来の生い立ちとは?インタビュー特集

水江未来さんは、国内だけでなく国際映画祭で活躍する短編アニメーション作家です。今回、Adobe ✕ GIFMAGAZINEで開催されるGIFアニメコンテスト「theGIFs」の審査員をしていただいています。本インタビューでは、3回に分けて水江未来さんの現在の作風に至った背景や、幼少期からの生い立ち、映像作家として生きる方法についてお話いただきます。(水江未来インタビュー連載 撮影:其田有輝也 執筆:Creator’s MAGAZINE編集部)

【第1回】「見られなかったら意味が無い。」作家が大切にすべきこととは?
【第2回】「同じことをやっても意味が無い。」水江未来の生い立ちとは?
【第3回】「負けを認めること。」野球から学ぶ映像作家の戦い方とは?

クリエイター:水江未来

水江未来さんのプロフィール画像
アニメーション作家・イラストレーター。「細胞」や「幾何学図形」をモチーフにした、物語のない音楽的なアニメーションを制作している。その作品は、ヴェネチア映画祭やベルリン映画祭でワー ルドプレミア上映され、世界最大のアニメーション映画祭・アヌシー国際アニメーション映画祭では日本人最多の2度受賞するなど、国際映画祭での評価を高めている。国内では、2014年にGLAYとコラボし、『GLAY EXPO 2014 TOHOKU』のアニメーション映像の演出や、マスコットキャラクターのデザインなどを手がけた。同年、自身の短編作品を集めた、映画『ワンダー・フル!!』が全国15劇場で公開。多摩美術大学情報デザイン学科メディア芸術コース、京都精華大学芸術学部映像コース・非常勤講師

【インタビュー特集】「同じことをやっても意味が無い。」水江未来の生い立ちとは?

水江未来 ©2014年 トクマルシューゴ/Poker(公式ミュージックビデオ)

水江未来 中内友紀恵 2014年 トクマルシューゴ/Poker(公式ミュージックビデオ)

ーー 水江未来さんはどのような幼少期を過ごされたのでしょうか。

 

水江未来さん(以下、敬称省略)両親も祖父母も絵が好きだったので、その影響で絵を描いてばかりいたと思いますね。3歳くらいから正確な円を描くようになってたようです。

 

ーー 天性の才能だったんですね。いつ頃からアニメーションのお仕事を目指されたのでしょうか?

 

水江未来 そうですね、 幼稚園のころから絵画教室に通っていたんです。その頃にはアニメーションと思ってはいませんが、将来に絵を描いて仕事をすることに疑いは無かったと思いますね。

 

【第2回】「同じことをやっても意味が無い。」水江未来の生い立ちとは?インタビュー特集

ーー 幼稚園の頃にはすでに将来のことを考えてらっしゃったのですね。当時はどんな子供だったのでしょうか。

 

水江未来 絵を描くのが本当に好きな子供でした。そして臆病で、人見知りが強い子でしたね。当時は一人で絵を描いて遊んでました。小学校5年の時だったんですが、週刊少年ジャンプのドラゴンボールの漫画の翌週の続きがどうしても気になってしまって、自分で漫画の続きを描いてしまったこともありましたね。

 

ーー ドラゴンボールの妄想の続きは予想どおりでしたか?

 

水江未来 結果は違いましたね(笑)。その漫画は誰かに見せたかったわけではなくて、自分が満足するために描いてました。妄想が大好きだったんだと思います。

 

水江未来 ©2010年 「MODERN」

水江未来 ©2010年 「MODERN」

ーー なんとなく誰かに自慢したくなってしまいそうですよね。小学校時代の水江未来さんはそうされなかったんですね。

 

水江未来 あの気持ちはなんでしょうね。意気がってる感じが好きじゃないんでしょうね。中学校の時も「自分から話しかけたくないプライド」みたいなものがあって、入学して5月くらいまで友達ができなかったですね。

 

ーー 「自分から話しかけたくないプライド」とは面白いですね。

 

水江未来 そうですね。入学して初日に社会を作ろうとするヤツがいるじゃないですか。リーダーになろうとするヤツや、中心になる人に媚びるようなヤツを4月たくさん見る中で、そんな中に一生懸命入るのは嫌だって思ったんだと思います。

 

ーー それは絵に拠り所があったからなのでしょうか。

 

水江未来 絵以外で無理して人間関係を作ろうと思ってなかったです。休み時間や授業中は絵を描いて過ごしていましたね。そうすると学校の先生の似顔絵をイタズラで書いたりするじゃないですか、すると当時のクラスメイトがそれを見て周りで盛上がってくれたりするんですが、嬉しいんだけど、それもちょっと恥ずかしかったり。

 

ーー かなり変わった子だったという感じでしょうか。

 

水江未来 めんどくさい子供だったと思います(笑)。わーっと集まる中に入るのは嫌ですし、かと言って自分の周りに人が来るのも恥ずかしいって感じる子でした。

水江未来 ©2011年 「MODERN No.2」

水江未来 ©2011年 「MODERN No.2」

 

ーー 当時はどんな絵を描いていたのですか?

 

水江未来 小学校5年から高校1年生くらいまでは油絵を習っていました。高校の頃は、美大に受かるために予備校に通って、デッサンとか平面構成を勉強していましたね。そして多摩美術大学のグラフィックデザイン学科に入学したという感じです。

 

ーー 大学時代はどうでしたか?

 

水江未来 後になってから友人たちから聞くと、僕は近づきづらい雰囲気だったみたいです。集団に入るのが苦手なのと、周りに負けたくないと尖っていましたからね。第1回の時も言いましたが、予備校の時は描写力があった方だったんですが、大学入学後は同級生の描写力の高さにプレッシャーを感じてましたね。細密画を描くことは好きで、ずっと細かく絵を書いていました。それが今の作家性に繋がってるということですね。

水江未来 ©2011年 「MODERN No.2」

水江未来 ©2011年 「MODERN No.2」

 

ーー 大学院を卒業された後はどうされたのですか?

 

水江未来 スペインに旅行に行きましたね。大学院を卒業して一年経った2008年頃、なかなかお金が無くて厳しい時だったんですが、そのとき仕事で20万円くらい頂いたんです。20万なんてすぐに無くなるし生活費にするよりは良いだろうと、何の迷いもなく勢いでスペイン行きのチケットを買って、ガウディや、ダリや、ジョアン・ミロの作品とか、ゲルニカを見に行きました。

特にバルセロナは街そのものが作品のようで、立ち並ぶ空間にワクワクしましたね。とても刺激的でした。直接自分の作品に繋がっている部分もありますし、当時の芸術家たちのことを考える中でいろいろな気付きがありました。

 

【第2回】「同じことをやっても意味が無い。」水江未来の生い立ちとは?インタビュー特集

ーー 気付きとはどういったことだったのでしょうか。

 

水江未来 彼らが当時できなかったことをやりたい。という思いですね。きっとミロが現代に生きていたらアニメーションをやってたんじゃないかなって思います。

2003年にダリとディズニーの意思を継いで短編アニメーション作品が制作されていますが、きっと今のアニメーションの世界を知っていたら、やりたかった芸術家は沢山いただろうなぁと思います。

 

ーー 確かに活躍された有名画家達がアニメーションを作ったら見てみたいです。抽象絵画が抽象アニメーションになったらまた違った面白さがありそうですね。

 

水江未来 抽象絵画と抽象アニメーションの違いでもあるんですが、抽象絵画は美術館や公共の中で目にすることが多いのに、抽象アニメーションは触れる機会が圧倒的に少ないです。

でも小さいころNHKの教育テレビなどで、砂絵や粘土が動くアニメーション作品だったり、色々な不思議な技法のアニメーションを見てきたと思います。動くということは、それだけで意味を持つので、画面の中で自発的に動くはずが無い砂が動き出すことにゾクゾクしたような、あの子供の頃の純粋な驚きを楽しむだけでいいんです。
動きという現象を眺めて想像を膨らますような、感じたままに従って楽しむアニメーションが、もっとポピュラーな場に増えていったら良いなぁと思います。

 

 

 

水江未来 中内友紀恵 2014年 トクマルシューゴ/Poker(公式ミュージックビデオ)

水江未来 中内友紀恵 2014年 トクマルシューゴ/Poker(公式ミュージックビデオ)

ーー 幼少期から絵を拠り所にされていた水江未来さんは、ご自身でも「めんどくさい子」とお話するほど変わっていた子だったとのこと。来週(12月5日[金])は「【第3回】「負けを認めること。」野球から学ぶ映像作家の戦い方とは?」と題し、水江未来さんが考える映像作家の今後についてお送りします。

撮影:其田有輝也 執筆:Creator’s MAGAZINE編集部

 

 

クリエイター:水江未来(@MIRAI_MIZUE)

水江未来さんのプロフィール画像

アニメーション作家・イラストレーター。「細胞」や「幾何学図形」をモチーフにした、物語のない音楽的なアニメーションを制作している。その作品は、ヴェネチア映画祭やベルリン映画祭でワー ルドプレミア上映され、世界最大のアニメーション映画祭・アヌシー国際アニメーション映画祭では日本人最多の2度受賞するなど、国際映画祭での評価を高めている。国内では、2014年にGLAYとコラボし、『GLAY EXPO 2014 TOHOKU』のアニメーション映像の演出や、マスコットキャラクターのデザインなどを手がけた。同年、自身の短編作品を集めた、映画『ワンダー・フル!!』が全国15劇場で公開。多摩美術大学情報デザイン学科メディア芸術コース、京都精華大学芸術学部映像コース・非常勤講師

【関連リンク】
※お仕事のご依頼は、映像デザイン事務所”MIRAI FILM”公式サイトよりお問合せ下さい。
MIRAI FILM:http://miraifilm.com/

水江未来さんのTwitterアカウントはこちら

「MIRAI FILM SHOP」
水江未来のアニメーション原画が買えるネットショップがオープンいたします。100種類の原画を中心にdvdや各種グッズが揃った充実のラインナップです。作者自らが原画を送る、まさに産地直送のお店となっています。

「天才万博」
キングコング西野亮廣さんが司会を務める音楽フェスで、オープニング映像として水江未来さんの新作アニメーションが初披露されます。また、ライブ中はVJとして各ミュージシャンと共演もします

公演日:2014年12月26日(金)
会場:東京キネマ倶楽部
開場:18:00
開演:19:00
料金:1F スタンディング¥3,000
出演:ショピン/SEBASTIAN X/ハッチハッチェルオーケストラ/みにまむす/ハンバートハンバート
司会:キングコング西野亮廣
問い合わせ先:ホームレス小谷(070-6981-7784)
チケット:チケットぴあにて発売中[Pコード:232-571]主催者のホームレス小谷から直接購入も可能(@kotanimakoto)

 - アニメーション作家になる方法, クリエイター, 水江未来 , , , ,

crem fbpage header
(いいね!で最新記事を毎日受け取れるみたいですよ)

あなたの好奇心を刺激する
コラム、ビジュアルビュース、GIFマンガ、海外映像作品紹介記事を毎日配信

more