そこはかとなく好奇心を刺激するクリエイターの秘密基地。

そこはかとなく好奇心を刺激するクリエイターの秘密基地。

【第2回】ダメ人間とTwitter。人生を変えた2つのキーワードとは?ドット絵作家ミゲルふとし特集インタビュー

      2014/11/21

【第2回】ダメ人間とTwitter。人生を変えた2つのキーワードとは?ドット絵作家ミゲルふとし特集インタビュー

ミゲルふとし先生は、様々な格闘ゲームで躍動感あふれる動きに定評のあるプロのアニメーションドッター(ドット絵作家)です。領域はゲームだけにとどまらず、展示イベントやアパレルなどにも挑戦し、ドット絵業界を盛り上げています。華々しく活躍するミゲルふとし先生には、無職かつダメ人間時代があったといいます。本インタビューでは、3回に分けてミゲルふとし先生に先生自身のドッター人生についてお話いただきます。「ドッター人生」(ミゲルふとし先生インタビュー連載)
【第1回】作品に個性を宿らせるには?
【第2回】ダメ人間とTwitter。人生を変えた2つのキーワードとは?
【第3回】人生に影響を与えた格闘ゲームとは?

クリエイター:ミゲルふとし

ミゲルふとしさんのアイコン画像
アニメーションドッター。2008年頃からインターネット上でドット絵の作成活動を開始。2013年にて同人ゲームである東方心綺楼(上海アリス幻樂団/黄昏フロンティア)にてドット絵作家としてのデビューを飾り、トリリオンスターライツ(株式会社phatカンパニー)で商業作品デビュー、以降はブレイブフロンティア(株式会社エイリム)、クロスサマナー(株式会社ポケラボ)、勇者と1000の魔王(株式会社オレンジキューブ)などゲーム作品を中心にアパレル、フィギュア、webなど様々な分野でドット絵ならびにドット絵作家の活躍の幅を広げる為の活動を日夜続けている。

【インタビュー特集】第2回 ダメ人間とTwitter。人生を変えた2つのキーワードとは?

ポケットモンスターBW2

ミゲルふとし 2012年 二次創作作品「ポケットモンスターBW2」

ーー 第1回では、「作品に個性を宿らせるには?」と題し、ミゲルふとし先生がドット絵作家としての大切にされていることをお聞きしました。「プロセスの美学」「非効率さ」が重要なキーワードであったと思います。第2回では、ミゲルふとし先生がドット絵作家になるまでの過程と、プロのドット絵作家になる方法、ドット絵作家になるまでに、どんな努力を続けて来たのかをお伺いできればと思っています。
 

GIFMAGAZINEに投稿して下さるドッターの方も多いのでぜひお伺いしたいのですが、どうしたらミゲルふとし先生のようにプロのドット絵作家になれるでしょうか?

 

ミゲルふとし先生(以下、敬称省略) そうですね、仕事をしないダメ人間になることですかね。

 

ーー ダメ人間ですか(笑)それまたどういうことでしょうか?

 

ミゲルふとし 仕事をしないで好きなことだけやっていたら、僕みたいなダメ人間になっていたという感じです。この事に関して親にも自分に対しても後ろめたさを感じていたのは事実ですね。

 

ーー 第1回では元々無職で貯金も無かったというエピソードがありましたね。ご両親にも自分に対しても後ろめたさを感じていらっしゃったんですね。

 

ミゲルふとし そうですね。誰しもダメ人間になりたくはないじゃないですか。働かなくちゃとか、真面目でいなきゃとか一般的なしがらみに囚われてしまうと思うんですよ。僕も心のどこかで尖った人間になりたいと思いつつも、どことなく波風たてずに「普通でありたい」って思っていたのでしょう。表面的に奇抜であっても結局中身は一般家庭に育った凡人なので。

 

ーー 特に日本人に対してよく言われる国民性かも知れませんね。「出る杭にはなりたいけど打たれたくない」というようなイメージでしょうか。

 

ミゲルふとし だから、色んな生き方があっていいと思うんですよ。人生に迷って、する事がなくなったら僕みたいな生き方もアリではないかなと思ってます。オススメしませんけど。

 

ーー おススメはしないんですね。おススメしない理由はどこにあるのでしょうか。

 

ミゲルふとし そうですね。僕の場合は無職の時に、「好きなことだけをやる」ことに向き合う時間があったから良かったのかもしれません。やりたい時に好きな事を好きなだけやっていた結果、大きな所からいきなり依頼が来た、という感じでした。

 

ーー ミゲルふとし先生のおっしゃっていた「ダメ人間」の期間は作家性にとってとても重要ということですね。

 

ミゲルふとし 一般的にみたらとても褒められるような生き方をしている人間では無い、正真正銘のダメ人間なのです。これは1つのケースなので、同じような生き方をした時に大きな仕事が得られるとは言えないかもしれないですね。世知辛い話で申し訳ないですが、こういう生き方をするならある程度貯金はあった方がいいですね。

仮面ライダーウィザード

ミゲルふとし 2012年 二次創作作品「仮面ライダーウィザード」

 

ーー そんなミゲルふとし先生のおっしゃる「ダメ人間」な期間に至るまで、どのような青春時代を過ごしたのでしょうか。

 

ミゲルふとし そうですね、中学・高校は美術部でした。当時は主に油絵を描いていた記憶があるのですが、今考えるとドット絵に通じるところがありましたね。時間がかかるって事くらいなんですが。

 

ーー 根気よく作品を作っていく姿勢は油絵で培われたんですね。

 

ミゲルふとし 当時は「なんでこんな一つのものにやたらと時間を掛けなきゃならないんだ・・・家帰ってメカ描きたい・・・」なんてずっと愚痴をこぼしていた記憶があります。だけど、そういう部活動が今になって生きてくるとは思ってもいませんでしたね。

 

ーー 油絵がドット絵に通じている部分があるとは意外ですね。

 

ミゲルふとし そしてそんな学生時代を終えた数年後にダメ人間なニート時代がやってくるわけです。無職で暇だったんですよ。ツールを揃えるのにお金もかからなかったし、時間も潰せるって感じで始めました。その間3年間くらいは修行の為に山ごもりしているような感じでしたね。こもっているのは家の中でしたけど。

 

ーー 家ごもりですか。周囲の応援はあったのでしょうか?

 

ミゲルふとし ないですね。親からの冷たい目線も辛かったです。「お金にならないのに時間だけはアホみたいにかかるドット絵を、なんで延々やってるんだろう」という自分自身との葛藤は辛かったですね。

 

ーー 無職時代にはドット絵に対する葛藤があったんですね。その葛藤が変わるきっかけがあったのでしょうか?

 

ミゲルふとし ターニングポイントはTwitterの存在だったと思います。僕はひきこもり生活の中で作った作品をTwitterにアップしていたのですがリアルタイムで作品に対する反応を見ることができてモチベーションになりましたね。

 

ーー Twitterに作品をアップロードしたことがきっかけなのですね。どのような作品を公開されたのでしょうか。

 

ミゲルふとし 公開した作品は二次創作の作品が中心でした。仮面ライダーフォーゼの変身シーン、箱ドットダンボー、キュアハッピーVSバッドエンドハッピーの3つは基本的に一度きりの投稿ながらフォロワーさん達に拡散していただけたおかげで数十万人単位の人に見ていただけてとても驚きましたし、励みになりました。

 

ーー これら3つの作品がターニングポイントとなった理由はどのようなところにあるのでしょうか。

 

ミゲルふとし 自分が大好きな作品をテーマにしたものだからですね。それは「好きなことだけをやる」という先ほどのことに通じてきます。大好きな作品だからこそ当時としての全力を持って作成しました。原作者の方々にも見て頂いたことがあってとても強いモチベーションになりました。そして、その後のドット絵の仕事を頂く上で重要な転機になりましたね。

 

ーー Twitterで原作者とつながる経験をされたことが創作モチベーションやその後の仕事にも良い影響を与えたということなのですね。

 

ミゲルふとし そうですね、やはりTwitterにはすごく思い入れがあります。あそこから生まれた縁が今の人間関係に続いている部分はありますし、僕はTwitter育ちのドット絵おじさんだと思ってますから(笑)。

 

ターニングポイントはTwitterの存在

ーー ミゲルふとし先生からTwitterに対する深い愛を感じますね。

 

ミゲルふとし もしTwitterのアイコンがGIFアニメに対応してなかったら、ここまで頑張ってなかったかもしれませんね。なので今現在、TwitterのアイコンをGIFアニメに変えることはできないので大変残念です。

 

ーー ここまで作家性の追求や二次創作についてお話をしてきました。2次創作作品はドット絵作家になる上で重要な要素だったでしょうか?

 

ミゲルふとし 僕にとってはそうですね。ファン活動としてやっていたものですが、自分なりに原作者の方に敬意を込めて制作した作品でした。素人ならではの熱意みたいなものがこもっていた気がします。「これでお金を稼ごう」とか「流行ってるから描こう」という意思は全くありませんでした。

 

ーー 原作者への敬意を大切にしつつ、お金や流行には左右されないように制作されていたということですね。

 

ミゲルふとし そうですね。どちらかというと本来はニッチ寄りのアマノジャクです。「多くの人に楽しんでもらえるのが最高」という考え方もあまりしない人間なのです。人から注目浴びる事ができるものを作る事に意識を向けすぎてしまうと、逆に「選択肢」も狭まりますしね。

 

ーー 人からの注目もあまり意識されなかったということなのですね。

 

ミゲルふとし はい。「趣味100%のこの技術が、仕事になる日は来ないだろう」などと気楽に考えながら、日々ドット絵に打ち込んでいたら、それらがきっかけでお声掛けいただきデビューしてしまった感じです。この辺に関してはすごい時代になったものだな・・・と未だに実感の無い日々を送っている感じですね。

 

ーー 中学・高校の油絵で制作に対する姿勢として、忍耐強さを培い、「好きなことをやる」ことにこだわった無職の時期を経て、ドット絵にたどり着いたミゲルふとし先生。他人の反応は気にせず、自分が楽しいと思える作品を何ヶ月もかけて徹底的に作り込みTwitterで拡散されることでプロのドット絵作家への道のきっかけをつかまれたそうです。

 

来週(11月18日[火])は「【第3回】人生に影響を与えた格闘ゲームとは?」と題し、ミゲルふとし先生がプロのドット絵作家になるまでに影響を受けた作品をご紹介いたします。

 

 

ツイートでコラボTシャツプレゼント

t_shirt_migerufutoshi
Creator’s MAGAZINE創刊(2014年11月4日)とミゲルふとし先生のインタビュー連載を記念し、「ミゲルふとし×GIFMAGAZINEコラボTシャツ」を3名の方にプレゼントいたします。

コラボTシャツプレゼント応募方法

「11/4(火)【第1回】作品に個性を宿らせるには?「11/11(火)【第2回】ダメ人間とTwitter。人生を変えた2つのキーワードとは?」「11/18(火)【第3回】人生に影響を与えた格闘ゲームとは?」の記事を読んで、感想をツイートしてくださった方、抽選で各記事3名(合計9名)の方にコラボTシャツをプレゼントをいたします。ご連絡はGIFMAGAZINE公式Twitterアカウントからご連絡をいたしますので、よろしければ、@gifmagazineをフォローしていただけると幸いです。プレゼントの発送は12月中を予定しております。

【プレゼント内容】ミゲルふとし×GIFMAGAZINEコラボTシャツ
【方法】
「11/4(火)【第1回】作品に個性を宿らせるには?「11/11(火)【第2回】ダメ人間とTwitter。人生を変えた2つのキーワードとは?」「11/18(火)【第3回】人生に影響を与えた格闘ゲームとは?」の記事を読んで、各記事のツイートボタンから感想をツイートする。

【選考】各記事をツイートして下さった中から抽選で3名(合計9名)

【キャンペーン締切】2014年 11月23日(日)

【当選連絡の方法】@gifmagazine公式アカウントからメッセージをお送りいたします。

【プレゼント発送】2014年12月中を予定しております。
※写真はイメージです。実際とは異なる場合があります。

 

クリエイター:ミゲルふとし(@migelfutosi)

ミゲルふとしさんのアイコン画像

アニメーションドッター。2008年頃からインターネット上でドット絵の作成活動を開始。2013年にて同人ゲームである東方心綺楼(上海アリス幻樂団/黄昏フロンティア)にてドット絵作家としてのデビューを飾り、トリリオンスターライツ(株式会社phatカンパニー)で商業作品デビュー、以降はブレイブフロンティア(株式会社エイリム)、クロスサマナー(株式会社ポケラボ)、勇者と1000の魔王(株式会社オレンジキューブ)などゲーム作品を中心にアパレル、フィギュア、webなど様々な分野でドット絵ならびにドット絵作家の活躍の幅を広げる為の活動を日夜続けている。

【関連リンク】
※お仕事のご依頼は、各SNSや作品集からお問合せ下さい。
過去作品集:http://twitpic.com/photos/migelfutosi
過去作品集「ミゲルふとしのアレなソレ」:http://migelhososi.tumblr.com/
ミゲルふとし先生のTwitterアカウントはこちら

 - クリエイター, ドッター人生, ミゲルふとし , ,

crem fbpage header
(いいね!で最新記事を毎日受け取れるみたいですよ)

あなたの好奇心を刺激する
コラム、ビジュアルビュース、GIFマンガ、海外映像作品紹介記事を毎日配信

more