そこはかとなく好奇心を刺激するクリエイターの秘密基地。

そこはかとなく好奇心を刺激するクリエイターの秘密基地。

【第2回】クリエイターが英語を学ぶべき理由。[井上涼x奥下和彦 人気クリエイター対談]

   

ino_oku_header2

 奥下和彦さんが自身の作品紹介記事の連載を開始するにあたって、学生時代からの師である井上涼さんと対談をしていただきました。学生当時の意外なエピソードから、作家性を育むまでの苦節、自身そしてお互いの作品への思いや、これからの制作に必要となってくることなど、このおふたりだからこそお聞きすることができたディープな内容となっております。クリエイター、あるいはそれを目指す方はもちろんのこと、おふたりのファンの方々にも作品をより楽しんで頂けるのではないでしょうか。全5回、ぜひお楽しみください。

inoue_okusita_profile

クリエイター:井上涼(写真左)

 「楽しみ」をテーマに映像、イラスト、漫画、パフォーマンスなど、様々な制作活動を行うアーティスト。作品製作の殆ど(作曲、作詞、歌、撮影、台詞、イラスト、編集など)を1人でこなし、現在NHK Eテレで、世界の「びじゅつ」を自作の歌とアニメで紹介する番組「びじゅチューン!」が放送中である。2005年には自身がゲイであることを作品を通してカミングアウトしており、「やる気あり美」のメンバーとして、世の中とLGBTとの接点を作るための活動も行っている。

赤ずきんと健康:http://www.youtube.com/watch?v=FI452L8bpkw
びじゅチューン!:http://www.nhk.or.jp/bijutsu/bijutune
やる気あり美:http://yaruki-arimi.com
ペネロペの星(ブログ):http://penerop963.exblog.jp
Twitter:http://twitter.com/kitsutsukijanai

クリエイター:奥下和彦(写真右)

金沢美術工芸大学視覚デザイン科、東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻卒業。クリエイターズマネージメントFOGHORN所属。2009年に制作した「赤い糸」が数々のコンペに入賞し、世界最大のデジタルフィルムフェスティバル「RESFest」のファウンダーJonathan WellsのキュレーションによりTED2010 Long Beach他でも同作品が上映されネット上の話題をさらう。更に2011年よりTV朝日の「報道ステーション」のオープニング映像を担当しグッドデザイン賞を受賞。以後多くのTV-CM、MUSIC VIDEO、イラストレーション、絵画の展示販売、そしてライブペインティングを手掛け、現在に至る。

公式サイト:http://okushitakazuhiko.com
ブログ:http://okushita-blog.tumblr.com
Twitter:http://twitter.com/kazzroad01

大学卒業後、変化はありましたか?

inoue_okusita_01
奥下 直接会う機会がめっきり少なくなってしまったので、僕は作品を通して井上さんがこういうことをしてる、ってのは常にチェックしていましたね。

井上 ありがとうございます。

奥下 でも、印象は今も昔とあまり変わらないですね。

井上 そうですか?

奥下 え、変わりました?笑

井上 わたしの奥下像は、『赤い糸』が出てきてからは特に、追求ぶりがすごい強いなって思います。たまに会って、これからも『赤い糸』で続けていくのかってことを悩んでいた時期もあったみたいですけど、今また更に追求していますし、仕事も更に大きくなっているので。「『赤い糸』でどこまで行けるのか挑戦している人」、みたいな。笑

奥下 あはは!笑

井上 でもほんとにそれって、めっちゃ苦しいことだと思っていて。ルールがあればあるほど難しくなってゆく。それが、映像だけでなくて、インスタレーションとかになっていくというのも、純粋にすごいと思いますね。

奥下 ありがとうございます。すごく悩んでた時期もあったんですけど、もう腹をくくったというか。そこを、ほかの作品、例えばストップモーションを使ったりとか、実写も作りたいとかの欲求もあるんですけど、その道に「一筆書き」っていう要素を絡ませていったり。もっと追求していけるんじゃないかな、っていうのはありますね。

井上 まだ全然やれることがあるっていう感覚ですか?

奥下 うーん、結構限られてはくるんですけど。でもそれを表現を通して、何をメッセージにするのかっていうのは、結構入れ替えたりしているんで。もうちょっと、一筆書きっていう表現で追求をしていきたいなと思っていますね。で、それで行き詰まったらまた考えればいいので。3Dにしてみたりだとか、これは難しいと思うんですけど、ホログラムにしてみたりだとか。

井上 へえー。あついね、それ!。

奥下 そういうのはやってみたいですね。 

inoue_okusita_13奥下 井上さんはどうですか?英会話を勉強されているって聞いたんですけど。

井上 そんなちゃんとはしてないけどね。笑

奥下 今、全部日本語じゃないですか?井上さんの作品が英語になった時に海外の人にはどう映るのかな、ってのにすごく興味があって。

井上 英語を習い始めたのは、作品のベースを日本語にしているんですけど、英訳した時にもあんまりニュアンスの変わらない言い方を考えたくって。あんまり日本のカルチャーを出しすぎないような、普遍的なしゃべり方をすれば、テロップが付いているだけで、ニュアンスまで海外の方にも伝わるんじゃないかなと思っていて。

奥下 ああ、なるほど。

井上 ベラベラしゃべれるようにとか、ネイティブな言い方を知りたいとかではなくて、日本語を英語に変えても伝わるようになりたくて。

奥下 へえー、そういうことがあったんですね。

井上 だから、世界というかそういう、日本以外の人にももうちょっと見て欲しいってのがありまして。今からでも、そういう準備をしておきたいと思ってます。広がっても広がらなくても、それはもう、天におまかせっていう感じなんですけども、ただ、それが日本に根ざしすぎているから伝わらないとか、そういうのはない方がいいかなって。

奥下 僕も地味ーに、英語勉強しているんですけど、

井上 Twitterで英語使ってるよね?笑

奥下 あれはまあ、翻訳ソフトとかも使ってるんですけど。笑 いずれは英会話ぐらいは出来るようになりたいなって。

井上 そうだよね、それはほんとそう思う。笑

奥下 ここに来て英語の必要性をすごく感じていて。

井上 でも、奥下のスタイルの方が、あんまり言葉を介さないというか、普遍的だから。他の国からのリアクションってどんな感じ?

奥下 ちょっとずつなんですけど、海外からの問い合わせも増えてきていて、最近ブラジルの仕事とかもやりましたね。あと、アメリカの仕事も少し前にやらせて頂きましたね。

井上 へえー。

奥下 それがナイキだったんですけど、すごい嬉しかったですね。

井上 ナイキのロゴがシューズになるやつ?

奥下 そうです、そんなのです。そんな感じで海外での仕事が増えていけば嬉しいですね。 僕、海外とか全然行かないひきこもりタイプなんで、作品だけでも外に出ていくと嬉しなと。笑

井上 海外向けの仕事と日本向けの仕事だと、差ってあります?

奥下 僕、まだ二件しかやってないですけど、その印象からするとあんまり変わらないですかね。 
仕事の受ける受けないは、マネージャーさんが英語できるので、全部さばいてくれていて。笑 完全に任せっきりですね。笑 せめて会議に出れるくらいの英語力は欲しいなって思います。
ぼく、gifが大好きで。仕事関係なしに、遊びでTwitterに投稿しているgifを英語サイトの方が取り上げてくれて。そこからのリツイート量は半端じゃなかったですね。笑 中東、ロシア、東ヨーロッパ、南米、全世界色んなところから反応があって。キリル文字から、アラビア文字までで「Kazuhiko Okushita」って。 

井上 すごいですね、それ。

奥下 このあいだも、結構なお金を払ってくれるっていう意味で、良さそうな仕事を頂けそうだなあ、って思ってたんですけど、「僕の信じるスピリチュアルな世界を、奥下に表現してもらいたいんだ!」って。

井上 わはは!笑

奥下 宗教とかが絡むと簡単には関われないですからね。笑 今はまだ頂いた依頼を精査できていないんですけど、それでもやっぱり仕事の依頼をいただけるっていうのは嬉しいですね。あとは「僕のWeddingのために作品を作って欲しいんだ!」とかも多いですね。笑

井上 ありますよね!ありますよね、ウェディング!笑
奥下 井上さんに作ってもらいたいって人、多いと思いますよ。僕も少しだけはやっていて、ムービーはさすがに難しいんですけど、ウェルカムボードくらいならって感じですかね。僕の奥さんは井上さんの大ファンなので、本当に作ってもらいたかったらしいです。笑

井上 え、それ言ってくれればよかったのに!笑

――第3回に続く

inoue_okusita_profile

クリエイター:井上涼(写真左)

 「楽しみ」をテーマに映像、イラスト、漫画、パフォーマンスなど、様々な制作活動を行うアーティスト。作品製作の殆ど(作曲、作詞、歌、撮影、台詞、イラスト、編集など)を1人でこなし、現在NHK Eテレで、世界の「びじゅつ」を自作の歌とアニメで紹介する番組「びじゅチューン!」が放送中である。2005年には自身がゲイであることを作品を通してカミングアウトしており、「やる気あり美」のメンバーとして、世の中とLGBTとの接点を作るための活動も行っている。

赤ずきんと健康:http://www.youtube.com/watch?v=FI452L8bpkw
びじゅチューン!:http://www.nhk.or.jp/bijutsu/bijutune
やる気あり美:http://yaruki-arimi.com
ペネロペの星(ブログ):http://penerop963.exblog.jp
Twitter:http://twitter.com/kitsutsukijanai

クリエイター:奥下和彦(写真右)

 金沢美術工芸大学視覚デザイン科、東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻卒業。クリエイターズマネージメントFOGHORN所属。2009年に制作した「赤い糸」が数々のコンペに入賞し、世界最大のデジタルフィルムフェスティバル「RESFest」のファウンダーJonathan WellsのキュレーションによりTED2010 Long Beach他でも同作品が上映されネット上の話題をさらう。更に2011年よりTV朝日の「報道ステーション」のオープニング映像を担当しグッドデザイン賞を受賞。以後多くのTV-CM、MUSIC VIDEO、イラストレーション、絵画の展示販売、そしてライブペインティングを手掛け、現在に至る。

公式サイト:http://okushitakazuhiko.com
ブログ:http://okushita-blog.tumblr.com
Twitter:http://twitter.com/kazzroad01

(執筆:CREM編集部 篠宮航太)
okushita_inoue_header

 - インタビュー, クリエイター, 井上涼, 井上涼x奥下和彦 人気クリエイター対談, 奥下和彦 , , , , , , , ,

crem fbpage header
(いいね!で最新記事を毎日受け取れるみたいですよ)

あなたの好奇心を刺激する
コラム、ビジュアルビュース、GIFマンガ、海外映像作品紹介記事を毎日配信

more