そこはかとなく好奇心を刺激するクリエイターの秘密基地。

そこはかとなく好奇心を刺激するクリエイターの秘密基地。

【第2回】八崎篤がつくるワークショップ・カホンプロジェクト

   

hassaki-head

「どうすれば日本の森林について知りたくなって、国産の木を使いたくなるか?」この問いに対して真摯に向き合っていらっしゃるクリエーター、八崎篤さん。八崎さんはドイツで環境生態学を学んで以来、ずっと木材とお仕事をしていらっしゃる木の専門家。その経験を生かして、木を使ったものづくりとワークショップを全国各地で展開されています。

一般的には、お箸やスプーンなどが多いですが、八崎さんの取り組みは実にユニーク。カホンというペルーの打楽器や木製のウッドピックを作っているんです。また、単にものを作るだけではなく、人と地域を繋いでいるコミュニティーデザイナーでもあります。今回は、八崎さんが作っているプロダクト・ワークショップ・コミュニティーの3つに焦点を当て、その内容を伺いました。

(執筆:CREM編集部 丸山亜由美)

クリエイター :八崎篤(プロダクト・コミュニティーデザイナー)

hassaki_profile
カホンプロジェクト 東京/TOKYO WOOD PICK 代表/オトナリ 代表、長崎県出身。
ドイツで環境学を学んだのち、輸入建材商社(日本オスモ株式会社、株式会社ハーフェレジャパン)に在籍。
仕事を通じて日本の森林や木材事情に興味を持ち、カホンプロジェクトに参加。
現在はフリーランスとして国産木材の利用を促すイベントや参加型音楽ライブの企画運営や
ワークショップデザイン、講演活動、地域資源を活かす製品のプロデュースなどを手掛ける。

・カホンプロジェクト 東京:http://woods-kids.jp/
・TOKYO WOOD PICK :http://tokyowoodpick.com/
・オトナリatたちかわ:http://otonarimusic.wix.com/tachikawa

【第2回】八崎篤がつくるワークショップ・カホンプロジェクト

1.カホンを作って奏でれば、木・土地・人が繋がってゆく
2.カホンから繋がった新プロジェクト、五島列島 椿のアクセサリー

1.カホンを作って奏でれば、木・土地・人が繋がってゆく

hassaki_cahon

第2回目は八崎さんが作っていらっしゃるワークショップ、カホンプロジェクトに注目。カホンは一体どんな楽器で、どのようなワークショップが開催されているのでしょうか?

−−カホンプロジェクトはどのようなワークショップなのでしょうか?

八崎さん(以下敬称略)「カホンプロジェクトは、間伐材を使ってカホンをつくるワークショップです。カホンとは、スペイン語で箱という意味。箱形の打楽器で、もともとペルーの民族楽器なんです。中にスネアドラムの金具が入って、シャカシャカという音が鳴るようになっていて、座って叩きます。」

−−音はどこかで聞いたことがあるような気がしますが、実物は初めて見ました。

八崎紅白でも使われたけれど、あまり認知度がなくて。“あの箱なんやねん?”とか、“謎の箱がアツい!”とネットで騒がれたり(笑)。カホンを知ってもらうためにも、全国の森林組合、工務店、カフェのオーナーなどの皆さんと、その土地土地の木を使ってワークショップを開催しています。平日はドイツの木材を売って、週末は友人と日本の木材のワークショップを開催という日々を続けてきました。」

−−カホンプロジェクトを始めたきっかけは?

八崎「きっかけは、以前働いていた会社の同僚に誘われたんです。もともと日本オスモ(オスモ:木を保護する塗料)という木材の輸入商社で働いていて、木に詳しくなったので、森林組合の人ときちんと話ができるようになったんです。そこで、間伐材を使うために何か一緒にできないかと思って。小さな楽器だけれど、作っている中で環境のことや木の生態のことを知ってもらって、少しでも興味をもってもらえたらと。ただカホンだよ、というだけでなく、これはどこどこの木でと説明できるようなワークショップを作っています。」

−−木の産地にも意味があるんですね。

八崎「ただのイベンターではなく、木材の産地とその土地を繋ぐことを心がけています。東京では多摩の木名古屋では三重の木を使って。カホンを使ったライブもやったりします。自分は途中参加ですが、プロジェクトが始まってから5年位になります。」 

−−会社を退職されて、現在のお仕事に専念された理由は?

八崎「日本オスモでは木材の営業に広報的な仕事も経験して、一個の商品を売ることより 会社の方針を伝える方が得意だと思ったんです。そして、もっと全体を見渡して世間に何かを伝えてゆくほうが面白いと思った。その後、オスモから転職して輸入商社にいた時に、震災があって。震災の翌々日から働いていたけれど、意味ないなと。この時、仕事を真剣に考えた。続けて行く意味、あるのかなと。その答えとして、今はカホンづくりのワークショップとものづくりを仕事にしているんです。」

cahon_live

2.カホンから繋がった新プロジェクト、五島列島 椿のアクセサリー

tsubaki

−−カホンプロジェクトでは全国色々なところに行かれるんですね。

八崎「実家は長崎で、大村が地元なんです。長崎でカホンプロジェクトをやりたいという声があって、県の林政課にヒアリングに行きました。そのミーティングの最後に、木工で作った製品を売り出したいということで、椿の木で作ったスプーンを紹介してもらいました。長崎の代表的なお土産は、カステラやビードロ。その時、たまたま秋田杉のブローチを付けていて、こういうの作りましょうよと提案したんです。」

−−長崎は椿の産地なんですね。

八崎「長崎でも特に、五島列島は椿の産地なんです。資生堂のTSUBAKIは五島のものを使用しています。資生堂の社員さんも椿の整備をしているそうですよ。自分たちも椿の木の間伐材をアクセサリーにしたい。これからそんな仕事がしたいと思って、県庁と関わっているところです。」

−−今付けていらっしゃるのが、椿のブローチですか?ツヤツヤして、ころんとした愛らしい形ですね。

八崎「東京の皆川めぐみさんというデザイナーさんにお願いして。彼女のデザインは本当に素晴らしい椿の木をレーザー加工して作っていて、絵の具で色を付けてから樹脂を盛っています。今、島からなかなか材料が出てこないのと、県庁の人事異動があってストップしていますが…。できれば早く商品化して販売したいところです。」

−−五島でワークショップも開催されたそうですが。

八崎「五島のみなさんにカホンプロジェクトの話をしたり、椿の木材でアクセサリーを作るワークショップを行いました。地元の人たちの木工グループがあって、器やスプーンとかの生活雑貨を作っているのですが、「食に関するもの」ではないものづくりの提案をしてほしいと言われて。デザイナーの皆川さんと一緒に行って、椿のブローチを提案しました。椿の農家さんはお年寄りが多いので、木の背を小さくするために断幹をするんです。その切った木もブローチに使える。」

−−地元ならでは、ということはありましたか?

八崎「グループワークの中で、食べること・働くこと・楽しむことの3つをグループに分かれて話し合ってもらいました。食べるのカテゴリーで、マンボウって意見があって。え?マンボウ食うの?と(笑)。椿のアクセサリー作りでは、自分がそのアクセサリーで何をやりたいのか、あるいはどういうことを伝えたいかを明確にして作ってくださいとお願いしました。40分くらいで色も付けて、みなさん綺麗に作ってくれて講評も盛り上がりました。最後にシカの角の忘れ物があって、なんだんだろうこの島は?と楽しい時間でした。」

hassaki_tsubaki
第2回目のテーマは、【八崎篤がつくるワークショップ・カホンプロジェクト】と題して、八崎さんが手がけるワークショップであるカホンプロジェクトに注目しました。最終回は、立川でのコミュニティデザイン「オトナリatたちかわ」についてのお話を伺います。

(執筆:CREM編集部 丸山亜由美)

クリエイター :八崎篤(プロダクト・コミュニティーデザイナー)

hassaki_profile

カホンプロジェクト 東京/TOKYO WOOD PICK 代表/オトナリ 代表、長崎県出身。
ドイツで環境学を学んだのち、輸入建材商社(日本オスモ株式会社、株式会社ハーフェレジャパン)に在籍。
仕事を通じて日本の森林や木材事情に興味を持ち、カホンプロジェクトに参加。
現在はフリーランスとして国産木材の利用を促すイベントや参加型音楽ライブの企画運営や
ワークショップデザイン、講演活動、地域資源を活かす製品のプロデュースなどを手掛ける。

・カホンプロジェクト 東京:http://woods-kids.jp/
・TOKYO WOOD PICK :http://tokyowoodpick.com/
・オトナリatたちかわ:http://otonarimusic.wix.com/tachikawa

hassaki_food

 - インタビュー, クリエイター, フリーランスのための、ものづくりの作法 ストーリーで広がるコミュニティの創り方, 八崎篤 , , , , , , , , ,

crem fbpage header
(いいね!で最新記事を毎日受け取れるみたいですよ)

あなたの好奇心を刺激する
コラム、ビジュアルビュース、GIFマンガ、海外映像作品紹介記事を毎日配信

more