そこはかとなく好奇心を刺激するクリエイターの秘密基地。

そこはかとなく好奇心を刺激するクリエイターの秘密基地。

第2回「へこまず貫く力」AC部の生い立ちとは?[特集]

      2015/01/04

第2回「へこまず貫く力」AC部の生い立ちとは?[特集]

AC部は、インパクトのある絵、ハイテンションで濃厚な独特の世界観が話題のCGアニメーション制作チームです。今回Creator’s MAGAZINEでAC部のGIFマンガの連載が開始することを記念し、全3回に分けてAC部の創作の裏側をお送りします。(撮影:鈴木英隆 執筆:Creator’s MAGAZINE編集部)

第1回「インパクト!インパクト!インパクト!」AC部ハイテンションアニメの裏側
第2回「へこまず貫く力」AC部の生い立ちとは?
第3回「AC部が影響を受けた6人」アニメーターを目指す人へ

クリエイター:AC部 安達 亨/板倉 俊介

AC部のロゴ画像

1999年頃に結成されたCGアニメーション制作チーム「AC部」は多摩美術大学時代に制作した「ユーロボーイズ」がNHKデジタルスタジアム年間グランプリを受賞したのをきっかけに本格的に活動を開始した。暑苦しいリアルなイラストレーションをベースにした濃厚でハイテンションな表現を 持ち味とし、テレビ、CM、PV、webなど、様々な場所にインパクトのあるビジュアルを植え付ける。

【インタビュー特集】第2回「へこまず貫く力」AC部の生い立ちとは?

株式会社ライテック/AC部 ©2012年 「未来のライター Jii!Jii!Jii!」

株式会社ライテック/AC部 ©2012年 「未来のライター Jii!Jii!Jii!」

ーー 安達さんはどのようなお子さんでしたか。

 

安達さん(以下、敬称省略) 落ち着きのない子でしたね。僕が小学生の頃はちょうどジャンプ黄金期といわれていた頃で、それもあってか漫画を描いていました。休み時間に自分の漫画が友達に回し読みされたりして、当時から周りの反応が楽しみでした。今思うとセンスのないギャグマンガでしたけど、本気で漫画家を目指していましたね。

 

ーー その頃から将来は絵を仕事にできればと考えていたんですか。

 

安達 真面目には考えていませんでしたが、ただ漠然と漫画家になれたらなあ、と。中学、高校と漫画賞に応募はしましたけど、芽は出ませんでしたね(笑)。

第2回「へこまず貫く力」AC部の生い立ちとは?[特集]
ーー 今でも漫画家に憧れはあるのでしょうか。

 

安達 今はないかなあ。漫画界のレベルが高すぎますし、裾野も広くなっていますよね。もちろん今でも漫画は好きですが。

 

ーー 世界に誇れる日本文化として確立していますよね。

 

板倉 脳に動いていると感じさせるような描き方が、ノウハウとして蓄積されているんですかね。

 

ーー お二人とも漫画が本当にお好きなんですね(笑)。では、漫画家を志して多摩美に入学したというとこでしょうか。

 

安達 はい。高校の時の担任に漫画家になりたいなら美大に行けと勧められました。

 

group_inou/AC部 ©2010年 「THERAPY」

group_inou/AC部 ©2010年 「THERAPY」

 

ーー そこからAC部が始まるのですね。それでは板倉さんはいかがでしょうか。。

 

板倉 ぼくの実家は駄菓子屋でした。家に帰るとお菓子は食べ放題で、贅沢な子供時代だったと思います。おかげで乳歯がすべて虫歯でした(笑)。

 

板倉 当時、絵はあまり描いていなかったと思います。実家は田舎で自然が豊かだったので、山などを探検して遊んでましたね。

 

ーー あまり絵を描いていらっしゃらなかったんですね。どのような経緯で絵に興味を持たれたのでしょうか。

 

板倉 小学校のときは、目立ってうまくはなかったですが写生会が好きでしたね。中学校からは写生会も無かったので、絵から離れてしまいました。
第2回「へこまず貫く力」AC部の生い立ちとは?[特集]

ーー その後、絵を始めるきっかけがあったのでしょうか。

 

板倉 高校まではそのままだったんですけど、大学に向けての進路を決める時になって、子供の頃、自分が山を探検していた時に自然の中からふっと現れるニュータウンの姿が好きだったことを思い出しまして。建築家を目指すために美大予備校に通い始めました。ですが、そこで自分は絵を描くのが好きなのだと再認識させられて、それを先生に相談したところ、美大のグラフィックデザインに進めばいろいろと挑戦できると聞いて、方向が決まりました。

 

ーー ありがとうございます。では、次に大学生活、AC部の結成のきっかけ、処女作から教えていただけますか。

 

板倉 AC部結成のきっかけは三人(安達、板倉、安藤)のクラスが同じだったことですかね。気が合って三人でよく遊んでいて、学校課題の着彩に遊び心で変なものを書き加えていったのが最初の作品だと思います。

 

ーー 当時のAC部はどのような学生だったのでしょうか。

 

安達 周りからはある意味不良のようなものに思われていたかもしれません(笑)。授業は型どおりでなんだか身動きが取れないような感じがあったので、誰も出席しないような授業を三人だけやたら真面目に受けていたり、先生が好まないようなインパクト重視の課題作品を提出したりしていましたね。

 

ーー 媚びない学生だったんですね。

 

安達 そうですね。うしていくうちに、まず先にAC部として作りたい作品を勝手に作り始めてしまって、それを後から授業の課題提出用の作品として出す、という流れになっていきました。課題ありきということではなく、大学を学びの器として使いきった感じはします。

 

株式会社ライテック/AC部 ©2014年 「Jiiールドカップだ Jii!Jii!Jii!」

株式会社ライテック/AC部 ©2014年 「Jiiールドカップだ Jii!Jii!Jii!」

 

ーー AC部としてターニングポイントとなった出来事はありましたか。

 

安達 3年の学祭ですかね。そこでガバっと身近な人にAC部の存在が広がった感じがしますね。

 

ーー どのような作品を展示したんですか。

 

安達 階段の踊り場がAC部のブースで、そこで三人の映像作品をループ上映しました。たくさんの方が立ち止って見てくださっていて、僕らはそれをこっそり影でみてました。本当にうれしかったですね。

 

板倉 その時は意識していませんでした。身近な人への広がりは感じましたが。

 

板倉 卒業制作の展示にかなり多くの方々が来てくださって、それまで自分たちは嫌われてばかりいるのかと思っていたんですが(笑)、僕たちの作品を認めてくれた、たくさんの方声をかけていただきました。入学してから卒業制作まで「AC部らしい作品」をやり通したことで認めてくれた友人もいましたし、また先生の中でも、自分たちを評価して宣伝してくださっていた方もいるということも知りました。そういったことでAC部としてやっていける自信がついたおかげで、卒業後の制作活動に踏み切れました。

 

ーー 卒業まで、今現在まで「AC部らしさ」を貫きとおした秘訣があればお願いします。

 

安達 へこまない力ですね。いまはインターネットの普及によって様々な評価を得やすい社会になっていると思いますが、その分必然的に自分の作品が批判される機会も増えています。それにへこまずに自分を貫く力が重要だと思います。

 

ーー 「へこまず貫く力」をつけるにはどうすればいいでしょうか。

 

安達 僕たちの作品は比較的叩かれない方ではあるんですけど、批判ってのはいい意味でも悪い意味でも響いてしまうんですよね。でも批判のうちのほとんどは悪意があるわけではないんですよ。そして厳しい批判ばかり目に行ってしまうものです。もっと大勢の人をイメージして、届けたい場所に対するインパクトを考えたときに今回の作品はどうなのかということを考えていければそれでいいと思います。

 

板倉 それと、仲間を作ることがいいのかもしれませんね。AC部として制作しているので直接「板倉」宛に批判が来ることはなかなかないです。直接批判を浴びないようにするという生存本能がAC部を作ったわけありませんが、作品を作る精神的にはよいのかもしれませんね。

 

group_inou/AC部 ©2011年 「HEART」

group_inou/AC部 ©2011年 「HEART」

ーー AC部らしさ」そして「へこまずに貫く力」が現在のAC部を作り上げているとお話する安達さん、板倉さん、来週(1月5日[月])は「【第3回】「AC部が影響を受けた6人」アニメーターを目指す人へ」と題し、AC部が影響を受けた6人の方をご紹介いたします。

撮影:鈴木英隆 執筆:Creator’s MAGAZINE編集部

 

ツイートでコラボTシャツプレゼント

AC部xGIFMAGAZINEコラボTシャツキャンペーン

AC部インタビュー&GIF漫画連載を記念し、「AC部×GIFMAGAZINEコラボTシャツ」を3名の方にプレゼントいたします。

コラボTシャツプレゼント応募方法

「第1回「インパクト!インパクト!インパクト!」AC部ハイテンションアニメの裏側」「第2回「へこまず貫く力」AC部の生い立ちとは?」、「第3回「AC部が影響を受けた6人」アニメーターを目指す人へ」の記事を読んで、感想をツイートしてくださった方、抽選で各記事3名(合計9名)の方にコラボTシャツをプレゼントをいたします。ご連絡はGIFMAGAZINE公式Twitterアカウントからご連絡をいたしますので、よろしければ、@gifmagazineをフォローしていただけると幸いです。プレゼントの発送は1月中を予定しております。

【プレゼント内容】AC部×GIFMAGAZINEコラボTシャツ
【方法】
「第1回「インパクト!インパクト!インパクト!」AC部ハイテンションアニメの裏側」「第2回「へこまず貫く力」AC部の生い立ちとは?」、「第3回「AC部が影響を受けた6人」アニメーターを目指す人へ」の記事を読んで、各記事のツイートボタンから感想をツイートする。

【選考】各記事をツイートして下さった中から抽選で3名(合計9名)

【キャンペーン締切】2014年 1月12日(月)

【当選連絡の方法】@gifmagazine公式アカウントからメッセージをお送りいたします。

【プレゼント発送】2014年1月中を予定しております。
※写真はイメージです。実際とは異なる場合があります。


 

クリエイター:AC部 安達 亨/板倉 俊介

AC部のロゴ画像

1999年頃に結成されたCGアニメーション制作チーム「AC部」は多摩美術大学時代に制作した「ユーロボーイズ」がNHKデジタルスタジアム年間グランプリを受賞したのをきっかけに本格的に活動を開始した。暑苦しいリアルなイラストレーションをベースにした濃厚でハイテンションな表現を 持ち味とし、テレビ、CM、PV、webなど、様々な場所にインパクトのあるビジュアルを植え付ける。

【関連リンク】
AC部コミュニティサイト:http://www.ac-bu.info/

AC部 安達亨さんのTwitterアカウントはこちら

AC部 板倉俊介さんのTwitterアカウントはこちら

 - AC部, クリエイター, ハイテンションアニメの裏側 , , , ,

crem fbpage header
(いいね!で最新記事を毎日受け取れるみたいですよ)

あなたの好奇心を刺激する
コラム、ビジュアルビュース、GIFマンガ、海外映像作品紹介記事を毎日配信

more